転職マニュアル > 退職準備をする > 必修!円満退社の極意

必修!円満退社の極意

できる人ほど簡単には辞めさせてはもらえないもの。もめずに辞められる、円満退社の極意をマスターしよう。

退職の意思の伝え方に注意

円満退社をするには、退職を立ち話で簡単にすませるわけにはいきません。2人でしっかり話をする時間をつくる必要があります。そのためには、上司が忙しそうなときや機嫌の悪いときに切り出すのは避けたほうがいいでしょう。また、「一杯、飲みながら話そう」という上司からの誘いも危険。酔ったその場の雰囲気で、引き止めを受け入れてしまい、後でもう1度退職したいと言っても、突っぱねられた……というケースもあります。

上司に転職の熱意を伝えて理解を得る

大切なのは、「退職の意思は変わらない」という強い気持ちを持つこと。退職理由は、上司には、前向きな気持ちからの転職であることを説明しましょう。本人にとってプラスになる転職なら、上司も納得してくれるはずです。
「異動の希望を叶えるから」と慰留されて残ったのはいいけれど、異動の話はなくなり、内定も取り消し…というケースもあります。このような口約束に乗らないためにも、現職に対する不平不満は口にしないほうがいいでしょう。

誰でもわかるように引き継ぎする

「今やっている仕事はどうするんだ?」というのも、引き止めによく使われる手段。しかし、社員が辞めたら、必ず誰かが仕事を引き継ぐもので、その人でなければできない仕事というのは、滅多にないのです。
ただし、無責任はダメ。だからこそ、引き継ぎはとても重要。後任が決まらない場合は、誰が見てもわかるようにマニュアルを作成して上司に渡すようにしましょう。誠意を持って対応すれば、必要以上に責任を感じる必要はありません。

<円満退社のポイント>

辞める会社だからといって、退職するためのポイントをおろそかにすると、円満退社は望めません。上に書いてある内容は確実に実行してください。

    
 
最新ニュース
転職マニュアルモバイルサイト 転職マニュアル【完全版】
モバイルサイトがついにAU公式コンテンツに登録されました!
 
 
 

転職面接対策ポイント

心構えや聞かれる質問、流れも把握して準備は万端!

自己PRの書き方

自分のウリを客観的に伝える自己PRとは!?

退職願いの意思表示

いつどうする?退職願の切り出し方の注意すべきポイント

年収アップ転職情報

年収アップの可能性が高い職種をランキングでご紹介