転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

医療看護ニュース

看護師の転職の落とし穴!? ブラック病院を見極めるポイント!

看護部長がブラック!

残業が多い!病棟の雰囲気が悪い!看護師の人数が足りてない!等、ブラック病院になり得る要素はいくらでも挙げられると思います。
その中でも、今回は「看護部長」にまつわるお話です。
看護部全体を取りまとめる看護部長さん。
経験も豊富で看護師さんを取りまとめる長ですが、中には「そんな人いる!?」という方もいらっしゃいました・・・。
実際にあったケースを取り上げましたので、どこに気をつければいいか見てみてください。

ケース①:「面接・見学でブラック!」(堀川さんのお話)

  • 大学病院で勤務していたが、結婚を気に転職を考えた堀川さん。
    近所に気になる病院があったのでHPの採用情報から自分で連絡をとったそうです。
    来る面接当日、会議室に通され、ドキドキして時間を待っていると、60歳近い看護部長さんが見られました。
    挨拶もそこそこに明るく世間話をしてくれる看護部長さんにすっかり惹かれてしまい、「こういう看護部長の元で働きたいな」と思い始めました。
    話しやすく、おしゃべり感覚で過ごしていると看護部長さんから「で、来週から来て欲しいんだけど、大丈夫?」と突然核心をつくお言葉が!
    もっと色々聞かれると思っていた堀川さんは、(これは内定なの?それとも試されている?)と考えてしまいましたが、下手なことも言えず、曖昧に答えていると「じゃあ、考えておいてね。院内の見学する?」とあっさり面接終了。
    何だか拍子抜けだなと思いながらも、看護部長さんに案内されて説明を聞いていました。
    見学の合間に、何人かの看護師さんがいて挨拶をしましたが、どこか様子がおかしい。
    看護部長さんが、声をかけて少し立ち話をするものの、どうにも戸惑っている・・・。
    新人なのかな、と気になったもののいつの間にか見学も終了。

    あっという間の面接と見学で、「いつから来られるか連絡してね」と笑顔で別れた看護部長さんには既に不信感を募らせました。

★ここがポイント!

「面接は置いといて『いつから来れる?』は要注意!」

「看護師さんたちとの距離感がおかしい時は要注意!」

面接は面接官によって大分雰囲気の違うものになります。
実際、世間話のような面接は多くありますし、悪いわけではありません。
しかし、この病院の場合、堀川さんが不思議に思ったように「まともに質問をされることもなく、内定が出る」のはありえません。
以前どんな業務をやっていたか、なんで前の病院を辞めるのか、そんな基本的なことも聞かずに内定を出す理由は、「とにかく人手が足りず、誰でもいいから!」
堀川さんには申し訳ないですが、誰でもいいというのが看護部長さんのお気持ちだったんでしょう。バタバタした病棟で忙しく働く未来が見えますね・・・。

 

もう一つ気をつけるべき、「看護師さんとの距離感」ですが、普段は厳しかったり、現場に興味がない看護部長さんだと、普段から良いコミュニケーションは交わせていないでしょうね。
突然病棟にいて笑顔で話しかけられても戸惑ってしまいますよね。
良い看護部長さんは看護師さんとのコミュニケーションを大切にします!
堀川さんがその場でお返事しなくて良かったです。

ケース②:「看護部長なのに適当でブラック!」(熟練看護師転職アドバイザーの長嶋さんのお話)

  • 私が転職エージェントとして少しずつ慣れてきた時のことです。 病院から看護師さんを紹介してほしいとの、ご連絡をいただきました。過去に取引の無い病院で「これは新規のお客さんだ!」と、意気揚々と会いに行きました

    お見えになったのはやや高齢な看護部長さん。70歳を越えていたようでした。 まだ経験の浅い私は「頑張っているなー」と深く考えず、早速本題へ。

    常勤で働いている看護師さんや准看護師さんの人数を聞いたり、何人ぐらい人が欲しいかを質問すると「どんな人でもいいわよ」と一言。「うちの病院は60歳越えても働いている人も何人かいるのよ」と年齢すら不問でした。

    働く側、紹介する側から見れば「なんて融通が効くんだろう!」と嬉しくなってしまいますが、誰でもいいわけはありません。現場としては年齢や経験や資格、勤務形態を考えて調整しなければならないはずです。

    詳しく聞き出そうと思っても「誰でもいい」の一点張り。紹介しづらいなーと思いながらも院内見学をさせてもらいました。

    しかし、黙々と進んで行き、「ここがナースステーションです」「病室はこんな感じです」 見ればわかります。そうじゃなくて、看護記録の取り方ですとか、病室のベッドは自動なのかとか具体的なことが聞きたいんです!

    その都度質問をし、答えていただきましたが、「誰でもいいから紹介して」という発言に続いてこれじゃあ適当すぎないか・・・と心配になってきました。 「人が足りないから業者を使って、紹介してもらおうとしているのにアピールする気がないのかな」

    初めの勢いはすっかり無くなり、その後も看護師さんにご紹介しても入職された看護師さんはいなかったと思います。

★ここがポイント!

「看護部長さんが定年越えてそうだと要注意!」

「あまりにも融通が効く看護部長さんは要注意!」

「病院のことを売り込んでこないのも要注意!」

定年を越えている看護部長さんには要注意!体力的なお話ではありません。
定年である60歳、もしくは65歳を越えている方は例え看護部長さんでも「嘱託」です。
つまり契約社員としての勤務をされています。

 

週に2~3日の勤務という可能性もあり、管理職としての業務を果たせているのかは疑問です。さらに、その年齢で看護部長をしているということは長く在籍している証拠でしょう。
長く同じ看護部長さんが働いているということは、職員の入れ替わりもないという病院がほとんどです。
職員のみなさんが長く働いていると言えば聞こえは良いですが、それだけ「お局さん」も多いというのが一般的です。
中途で入職する人にとってはたまらないですね。

 

どんな人でも良いと言って勤務形態の融通が効く看護部長さんにも気をつけてください。
シフトの希望、勤務時間の希望何でも聞くのは、当たり前ですが難しいです。
「出来るだけ考慮するけど、絶対守るのは難しいわよ?」という反応が普通です。
誰でもいいです、どんな希望も叶えます、というのは誰かに皺寄せする気満々だとも言えるかもしれません。
職員同士助け合いが出来ている職場の方が、いざという時に助けてもらえますしね。

 

最後に、病院見学でしっかりと売り込んでこない看護部長さんも注意が必要です。
求人を出すというのは、理由はどうあれ人手不足で困っています。
しっかりアピールせず何となく募集しているのでは、何となく入職する人ばかりになってしまいます。過去の経験上、それでは長く続きません。結局また人が辞めてしまい現場は大忙しなんてことになってからでは取り返しがつきません。

熟練看護師転職アドバイザーの長嶋さんのまとめ

「信用できない看護部長だったら、一度考え直しましょう!」

病院によっては関わり方も違ってきますが、看護部長はあなたの上司です。
信用できない、任せられない、ととにかく拒否反応が出た際は自分の気持ちに嘘をついてはいけません!大体その印象は間違っていません!

他に気になる病院があるなら尚更です。もし、転職するならここしかないということであれば腹を括るしかないかもしれませんが・・・。

看護部を仕切る方なので、新病棟を建設するとなれば設計から携わることも少なくありません。いい加減な方が首をつっこんだりしていると何だか怖いですよね。

「仕事をするのに看護部長は関係ない!」という気持ちもわかりますが、一つの要因としてお考え下さい。

 

ページトップへ