転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

医療看護ニュース

広告で見分けろ! 看護師が「働きたい!」と思える病院は良い病院?

ブラック病院は募集広告でわかる? いい加減な求人の仕方!

ブラック病院はどうやったら見分けられるのか。

面接で看護部長さんや事務の方との接触でまずい!と感じることはあるかもしれませんが、できればそこに行き着く前に気づきたいところですね。

いくつか目安となるようなものをまとめてみましたので、是非参考にしてみてください!

 

看護師さんが転職をする際に、情報を集める時は「友人からの話」「インターネットで検索」「新聞、チラシ、ハローワークに出ている」などがあるかと思います。

そんな中で「なんだか違和感があるな・・・」と思ったものは調べてみましょう!

隠しきれていないブラックな部分が漏れているポイントかもしれませんよ!

ケース①:ちょっと引く・・・そんな大々的にしなくても・・・。(スイカさんの話)

  • 私が転職エージェントをしていた会社に直接お電話をくれたスイカさんは、情報収集ということで「A病院が気になります」と名指しでご連絡をくれました。

    気になる理由を聞いたところ、近所で通いやすいとのこと。なるほど、それなら気になりますね、と聞いていましたがどうやら管理職をご希望。

    管理職だと難しいかもしれませんねー、と確認をしようとしたところスイカさんから思わぬお言葉が。

    「管理職も募集あるみたいですよ。だって、病院の掲示板に大きく『管理職募集!』って張り紙がありました」

    まじですか・・・。そんな大々的にやっちゃうんですね・・・。

    逆効果じゃないかな、と不安になっていたところ、スイカさんも同じ意見でした。

    「大々的に管理職の募集を掲示するのってどうなんですか?」という《果たしてここは大丈夫な病院なんですか?》を聞きたい様子。

    大々的に掲げたからスイカさんみたいな人の目に止まったと言えなくはないですが、心配にもなりますよね。

★ここがポイント!

「患者目線で不安になるような募集の仕方はどうなの?」

たまに見かける病院の窓に「看護師募集!」を掲げている病院や案内掲示板などに「看護師・薬剤師・管理職募集!」のポスターを貼っている病院は正直センスないかなー、とも感じます。

効果はあると思うんですよね。実際、看護師さんがチェックしているわけですから。

しかし、目にする多くの人は医療関係者ではない、一般の方々です。まして、患者さんとそのご家族になり得る方々です。

大々的にそんな募集をかけていては「この病院っていつも看護師が足りていないのかな」と思われてしまいます。しかも、管理職募集!じゃ看護師さんでも少し不安になりますよね。

病院の看護師不足はもはや常識ですが、いざお世話になる病院が「看護師不足で困っています!」と言っていたらイメージダウンになります。もう少しこっそりやる方がいいと思います。

実際、大々的に募集!と言っているところはそれなりに定着していない気もします。あくまで感覚の問題ですが。

ケース②:実際どうなの?「自分で応募してください」の強調。(みかんさんのお話)

  • みかんさんが自分で気になる病院のHPを検索し、「採用情報」を見ていたところ気になる一文が目に止まったようです。

    「紹介会社を利用せず、ご自分で応募してください!」

    「紹介会社を利用すると採用のハードルが上がります!」

    自分で連絡をするのはちょっと勇気がいるけど、ハードル上がっちゃうのは嫌だな・・・、ということでご相談してくれました。これって自分で応募した方がいいんですか?

    元転職エージェントとしては、紹介会社の利用をおすすめします。会社はどこでもいいとおもいますけど(笑)

    なんでかと言うと、看護師さんからすると紹介会社を利用した方が、楽ができて、安心だからです。

    あとHPに「紹介会社を~」と記載している病院は、看護師さんの定着率が悪い気がします。

    詳しく説明させていただきますね。


    病院サイドは、紹介会社を利用すると手数料を支払わなければなりません。ちなみにそのことで看護師さんに給料が下がってしまうことはまず有り得ません!ご安心ください!

    病院としては手数料を払わずに応募してほしいのです。まあ当たり前ですよね。

    しかし、看護師さんを採用できないのはもっと問題なのです。看護配置の関係で人不足が最重要課題なのです。

    病院の採用担当は新聞やハローワーク、HPを利用して募集をかけますが、これらにも広告費はかかるのです。なので結局、紹介会社を利用してもしなくてもあまり変わりません。

    感覚の問題ですが、良く見せるべき病院のHPで、「紹介会社が~」と敵対的な文言があるのは良い印象を与えないんじゃないかなー、と思ってしまいます。

★ここがポイント!

「紹介会社を使いたくないのは定着しない人が多いから!?」

紹介会社を利用したくない最大のポイントは手数料の問題です。

当たり前ですが、手数料がかからないなら、「紹介会社が~」と記載する病院は絶対にありません。

一般的に紹介会社からの応募で看護師さんが早期退職すると手数料が病院に返金されます。

病院が最も損をするのは看護師さんが辞めてしまい、かつ全然手数料が戻ってこないときです。

期間は紹介会社によるかと思いますが、1年続かないで辞められるのは困るということですね。

長くなりましたが、改めて、「紹介会社を~」と記載している病院は看護師さんの定着率が悪い気がする。

つまり、紹介会社経由で来られても辞める人が多いから手数料が無駄になる、という病院の都合もあるわけですね。

全部が全部そういうわけではないかと思いますが、ちゃんとしている病院はわざわざそんなこと書いてませんよ。だって、紹介会社利用してでも早く看護師さんを増やして職員の負担を減らそうと思っているんですから。

 

ケース③:いつも募集しているのはブラック?(りんごさんのお話)

  • なんとなく転職は考えているけど、どうしたらいいかわからないとお悩みのりんごさん。

    話している内に気になっているところも徐々にわかってきて、打ち解けていきました。

    りんごさんにはこの病院がいいのでは?と思い、王林病院を薦めてみたところ、あまり気に入っていない様子。どこが気になるか聞いてみると「そこっていつも募集していますよね・・・。やばい病院なんじゃないですか?」という疑問。

    転職エージェントをしていると感覚がマヒしますが、それが普通の反応だと思います。

    ■ケース①でもお話しましたが、大々的に募集しているところって不安になりますよね。

    大学病院勤めが長かったりで、転職経験のあまりない看護師さんなら特にそう感じると思いますが、実際のところあまり関係ありません。

    おそらく全国の病院で見ても、看護師さんが完全に足りているところって少ないんじゃないかな、と思います。

    求人というのはややこしくて、例えば5月に「今は募集していません」と言われる裏で「秋から働ける人なら面接します」ということも結構あります。夏のボーナスをもらって辞める方が多いからです。細かく言い出すとキリがありません。

    そういう意味では、1年を通じてずっと募集しているようにも見えますね。

    あとは広告掲載の仕組みです。看護師さんが足りたので広告を出すのを辞めてください、と言ってその数ヶ月後にまたお願いをする、というよりは常に出しておいて良い人が面接はする。その方が病院としても確実に看護師さんを採用できますからね。



★ここがポイント!

「いつも募集している=人手不足で回っていない、ではない!」

病院のHPで採用情報を見るとマメに情報を更新して、あと何名募集!と表示しているところと、特に更新をしていないところとあります。

また、広告を止めずにずっと求人を出しているところ。一般的な感覚だと確かにやばそうです。どんだけ人いないんだと思ってしまいます。

しかし、他の職種に比べ、看護師さんは流動的に職場を動きがちです。

ボーナスをもらって転職、生活が変わって転職、知り合いに誘われて転職などなど。

病院としてはそれを見越して、かつ常に看護基準を7:1に近づけたいと思っています。

5月は募集していないけど、6月は募集しているなんてことも珍しくはありません。

ずっと募集しているように見えるのはそういう仕組みです。

 

熟練看護師転職アドバイザーの長嶋さんのまとめ

「良い病院は募集の仕方もそれなりに上手い!」

ブラック病院って結局色んなところに綻びが出てくると思うんですよね。

対して良い病院は細かいところまで気が回っているというか、丁寧。

儲かっているからお金が、人が回っているという見方も出来ます。しかし、お金がないから、人が足りないから適当に済ませていいや、という考えでもいい訳ではありません。

事実「このままじゃダメだ!」という人の工夫などでブラックな面が洗い出され、優良な病院に! ということは起こりえます。

なあなあに働いてはダメ、ということですね(笑)

 

ページトップへ