転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

医療看護ニュース

ブラック病院~こんな求人は要注意!~

_s

 「看護師が十分足りています!!」と言い切れる病院は、とても少ないと思います。とくに看護配置7:1が導入されて以降、看護師不足は深刻になっています。
 ですので、どこの病院も看護師さんは大歓迎。
しかし、一方で「こんな求人出していて大丈夫なの?」と思ってしまう病院もいくつかありました。ここでは、そんな病院をいくつかご紹介します。

1.病院の窓から見える『看護師大募集!』
 以前、電車に乗っていて見かけた求人です。
 病院の窓に、しかも電車の車窓と同じ高さに『看護師募集中!!!』の張り紙。
 いや~、大募集なのは分かるのですが、ちょっと目立たせすぎちゃいませんか?患者さんやご家族が目にすることもあるでしょう。「あの病院、どんだけ看護師が足りていないんだ?」と不安になりそうですよね。
 看護師の視点から見る時には、「大募集の背景」を確認することです。たとえば、新病棟オープンや病院拡大のために「大募集」をしているのであれば、問題はありません。なぜなら、看護師をいまより増やす理由が明確だからです。一方で、そういった理由もないのに「大募集」している病院は要注意。単に退職者が多く、その補充のために募集にすぎないからです。
 退職者がたくさんいる病院に入りたいとは、思いませんよね?
2.病院のホームページに、デカデカと「看護師採用」?
 ネット社会が広まった現在では、ホームページは大切な病院をアピールするツールです。
しかし、ホームページはまず患者さんが見て情報を得るための場です。しかし、そんな病院ホームページの一番上に『緊急!看護師大募集!!』といった文言を見かけることがあります。上の話にもあるように、患者さんへの印象も、働きたい看護師の印象もどちらも損なわれるので、お止めなさいと言いたいですね。
 きちんと、「看護部ホームページ」を別につくり、ていねいな記事をのせている病院はそれだけで信用ができます。
3.採用ページに脅し文句!?
 興味のある病院のホームページをチェックします。多くの病院は採用ページに雇用条件が記載してあります。
 その採用ページの一番上に「紹介会社からの採用は、ハードルが上がるので直接応募してください」とか、「紹介会社から応募の場合は、お祝い金はありません」など様々な脅し文句が書いてある病院が一部見受けられます。
 これは止めたほうが良いと思います。私が、人材紹介会社に勤務していたからではありません。この文言は「看護師をコストとしか見ていない」というメッセージを発信しているからです。本当に良い病院は、人材紹介会社経由か自分自身での応募かを問わず、その看護師さん本人を見て合否を決めます。
 採用にお金を払ってでも、良い看護師さんを採用したいという看護部や病院の想いがあるのです。そういったスタンスの病院のほうが、結局は良い看護師採用ができていた記憶があります。
 「紹介会社経由からの看護師は~」という記載をしている病院の大半は、離職率が高かったり、早期退職が多かったりと、採用後に定着してもらう自信がないという言葉の現れだと考えて良いでしょう。
4.管理者も大募集?
 先ほどご紹介したように、病院の案内看板に「看護師も募集中!」と書いたものは、ときどき見かけます。しかし、さらに上をいく看板もあるのです!
 東京都内で「看護師募集中!管理職募集中!」という看板を見かけたことがあります。これは、さすがに驚きました。一時的な看板ではありません。記憶では、この5年間その看板は設置されていると思います。さすがに5年間、ずっと管理職を募集しているわけではないでしょうが。。
 しかし、この看板を何回か目にした看護師さんは「あー、あの病院は管理職もいないみたいだし、けっこうきつそうだよね~」と考えるようです。実際にその病院をご紹介した際に、そうした理由で断られたことがありました。
 病院としてはあまり深く考えずに作成した看板だったのでしょうが、完全な失敗ですね。
5.ホームページがない
 このご時世ですから、あたりまえのようにどの病院もホームページを備えています。そんな時代に逆らうように、いまだにホームページがない病院もあります。感覚的には、療養型や精神科の病院に多いように思います。外来機能がほぼなく、多くの方にアピールする必要が無いからでしょうか。
 それでは、ホームページがないことと、ブラック病院はどう結びつくのでしょうか?私の個人的な経験からすると、ホームページを備えていない病院は、ひとことで言えば「古い」。
 古いのは建物だけではなく、やり方、設備全般、仕事の進め方が古いのです。ちょっとご高齢なワンマンの院長先生が経営されており、「ITなんか嫌い!ガラケーで十分だ!」と変化を嫌うパターンと言えばお分かりいただけるかもしれません。

 求人を探して広告やホームページをのぞくと、病院ごとに特徴があることが分かります。その特徴は、病院の看護師採用に対する考え方を反映したものです。
 給与や勤務形態だけではなく、病院の特徴を探す「ヒント」として求人を見るのも面白いかもしれませんね。

ページトップへ