転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

医療看護ニュース

男性看護師にオススメの職場はここ!

doctor-563428_640

男性看護師にオススメの職場はここ!

 男性看護師と言えば、少し前までは精神科のイメージが非常に強かったようです。ただ男性看護師の数が増える中で、これまでよりも幅広い職場に進出しています。
 幅広い選択肢ができただけに迷うのかもしれませんが、男性のご登録者から定期的にご相談いただくのが「男性看護師にとって働きやすい職場ってどこですか?」という質問です。
 たしかにこの時代になっても、残念ながら「男性看護師はダメ!」という病院が一定数あるのも事実。まだまだ、女性と同列とはいかないようです。特に、高齢者医療の現場においては、女性の患者さんが「男性にオムツ交換をされるのは、恥ずかしい」とおっしゃるケースが多いらしく、病院側もいたしかたなく「女性にかぎる」としているようです。まぁ、仕方ないと言えば仕方ないのですが、同じ男としては「なんだかな~」と思ったことが何度もあります。
 そんな状況の中で、男性看護師さんにオススメなのは、精神科・オペ室・透析・泌尿器科クリニックの4領域です。
 その理由を、是非一度ご確認ください。

■ケース①:男性看護師が重宝される職場!精神科やオペ室をチェック!(たくやさんのお話)

オペ室での勤務経験が豊富なたくやさんからご相談のお電話を頂きました。
 「転職を考えているのですが、オペ室での勤務は考えていません」
 しっかりとご自身の考えがまとまっており、転職アドバイザーとしては仕事のしやすい方でした。オペ室は働きやすかったそうですが、結婚した後にオンコール対応が難しくなってきたとか。
 この際だから、新しい分野にもチャレンジしたい!ということでオペ室以外から探して欲しい、というお話でした。ところが、オペ室の経験しかないため、病棟配属ではスキルが不安ということで、複数の病院から書類選考でNGとなってしまいました。
こうなると「理想としては、未経験者でも受け入れてもらえて、男性の看護師も働きやすいところがいいですね」とおっしゃる、たくやさんのご希望にピッタリなのは、精神科しか考えられませんでした。

★ここがポイント!
やはり多い!精神科やオペ室は男性が集まりやすい定番の職場!

 精神科とオペ室は、男性看護師が多く活躍している職場です。
 精神科は、患者さんの身体拘束などがある関係で、力のある男性がいたほうが安心。オペ室は、長時間のオペに対応できる体力・精神力や冷静さが必要。ただし、緊急性の高い職場ですので、のんびりした性格の方には合わないかもしれません。
いずれも、働く上で男性であることに強みがあり、重宝される職場です。しかも、この2つの職場はすでに男性看護師が多いので、馴染みやすい点もメリットと言えます。

■ケース②:夜勤はあんまりしたくない、透析や泌尿器科がオススメ!(しんごさんのお話)

しんごさんは、男手一つでお子さんを育てている看護師さんでした。
 「今まで2交代の病棟で勤務していたが、夜勤はできればしたくないんですよね・・・」
夜遅いのはしょうがないとして、深夜に子供を一人にすることに抵抗があるということでした。それは、そうですよね。
 男性が看護師として働こうとすると、夜勤が当然と考えられてしまうのが現状です。そこで、ご提案として、夜勤のない透析クリニックをご紹介させていただきました。
「これなら働けそうですね!」と辛之助さんの中でも理想的な求人のようでした。夜勤をしたくないのであれば、夜勤がない職場から探すと見つかりやすいかもしれませんね。

★ここがポイント!
「夜勤なしならここ?透析での通し勤務や泌尿器科のクリニック!」

 夜勤がついてまわる看護業務。男性だと体力があるからどうしても夜勤をやらされてしまいますよね。理由があって、「夜勤をしたくない」という男性看護師さんは、透析や泌尿器科のクリニックをご検討ください。
 透析は、準夜勤や通し勤務といった勤務形態になり、2交代の病棟とは働くリズムが大きく変わります。また、「患者さんの身の回りのお世話」よりも「機材の扱いや穿刺などの技術」に業務が集中している面もあります。そういったところが、男性に好まれやすいようですね。また、看護師以外の技師さんにも男性が多いので、働きやすいはずです。  透析クリニックは、病院での日勤常勤やクリニック勤務と比べると、給与面でも1割ほど高い印象があります。そのため、給与の落ち込みが最小限に抑えられるでしょう。
 また、泌尿器科のクリニックも、男性看護師にとって働きやすいクリニックの一つです。
クリニックは、看護師の人数が少ない上に、女性が多くを占めている職場です。しかし、泌尿器科は患者さんの6~7割が男性ということもあり、男性看護師でも働きやすい職場のようです。夜勤をしないだけ給与は少なくなりがちですが、給与よりも勤務時間が大切、という男性には良いかもしれません。

男性が多い職場は、それだけ伸び伸び働けるかも!?

 男性の看護師さんが働く上で悩まれることに、女性が多くてやりづらい!ということが挙げられます。「男性一人で居場所がない」「ドロドロした噂話についていけない」そんなお話を何度も聞きました。
 同じ男性の同僚がいれば、それだけ悩みは解消されるかと思って、今回4つの職場をご紹介させていただきました!それぞれメリット・デメリットはあるかと思いますが、男性が多く働きやすい環境というだけで大きな魅力なのではないでしょうか。
 さらに、この4つの職場は専門性が高く、長く続けることで誰にも負けない知識やスキルが身に付きます。私が転職アドバイザーとして病院・クリニックに訪問した際にも、この4つの職場は男性管理職の割合が高かった記憶があります。
男性が比較的多いところで働きたい・経験をしっかり積んで専門性を高めたい、そんな男性の看護師さんは、選択肢に入れることをオススメします。

ページトップへ