転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

オペ室・手術室の看護師転職

aid-1807543__340

オペ室・手術室の特徴

オペ室つまり手術室へ転職することで、看護師が感じるやりがいはたくさんあります。
仕事内容もたくさんありますし、医療の専門知識を身に着けることが必要なので、始めは一生懸命に勉強しなければなりません。
執刀医が手術をスムーズに行えるよう、看護師にはスピードや機転をきかせることなどさまざまなスキルも必要ですね。

ここでは手術室で看護師が行う仕事内容とやりがい、メリットやデメリットについてみていきましょう。

オペ室・手術室で看護師が行う仕事内容

手術室で看護師が行う仕事内容は2種類に分けられています。


器械出しをする直接介助と、手術の調整などを行う外回りつまり間接介助です。

直接介助は手術の準備や麻酔の準備、そして手術では執刀医に器械類を渡す仕事を行います。
前もって手術の流れを把握し、必要な器械類を適切なタイミングで執刀医に渡さなくてはなりません。
どの器械を使うかは手術する部位によって違ってくるので、看護師は解剖生理について理解していることが必要です。


手術室に転職して求められるのは、解剖生理の勉強をし知識を身に着けることですね。
また器械類によく通じていることも求められます。
どんな器械が必要になるかを先に予測し、あらかじめ用意するなど先読みするスキルが必要です。
器械出しをする看護師は、間接介助をする看護師と常に連携して働かなくてはなりません。

例えば、切除部分の保存や処理について外回りの看護師に伝えます。
外回りの看護師は受け取った情報に基づいて、標本を病理に出すなど適切に扱います。
外回りの看護師の仕事内容もたくさんあります。
手術の前日に患者さんに会いコンディションを確認したり、必要な情報を患者さんや家族に伝えるのは主に外回りの看護師の仕事です。


手術の全体に関わることになるので、仕事内容は器械出しよりも多くなるでしょう。
記録をつけたり、患者さんが安楽に感じる体位を提案すること、またモニター類を体に着ける仕事もあります。
出血や尿を確認したり、手術の経過について控室にいる家族に伝えることもします。
多くの患者さんは手術を受けることを不安に感じているので、前もって安心させることが必要です。
分かりやすく説明し優しい言葉をかけることなど、患者さんの精神的ケアを行うのも看護師の大切な仕事ですね。

オペ室・手術室への転職で感じるやりがい

手術がスムーズに進み無事に終わった時には、看護師は達成感とやりがいを感じるかもしれません。
また他の診療科とは違い手術室で働く看護師さんは、患者さんと接するのが主に手術室だけという特徴があります。 外回りを担当する場合は、手術の前日に患者さんと会って話をしますが、器械出しの場合は患者さんと接するのは短時間でしょう。

患者さんの術後の回復をじかに見ることはありません。
逆にそのためやりがいを感じにくいという看護師さんもいるようです。
しかし患者さんの治療はすべてチームワークと考えれば、手術という大切な仕事を果たせて看護師は満足感を覚えることができます。

患者さんにとって手術は大きな出来事です。
その大切な手術を手伝えたということで、看護師は大きなやりがいを感じるのですね。
手術の途中で看護師は、ガーゼなどが体内に残らないよう見届けたり、患者さんの少しの変化を執刀医に伝える仕事も行います。
さらに器械類を素早く医師に渡すなど、いろいろなスキルが求められるのです。
外回りの看護師は、手術前の緊張している患者さんに接しますが、精神的ケアをすることで患者さんから感謝されるでしょう。 術後に直接お礼を言われることはないかもしれませんが、きっと患者さんは看護師のやさしい言葉や態度を覚えています。


手術室へ転職すると、ピリピリとした緊張感を感じるかもしれません。
スピードが求められますしミスは許されないので集中力が必要ですね。
それがストレスになるという看護師さんもいれば、やりがいにつながるという看護師さんもいます。
医療スキルをアップしたり解剖生理について学ぶことができるので、手術室への転職を考える看護師もいます。
さまざまな症例を経験できますし、幅広い年齢層の患者さんと接することもできるのでやりがいのある診療科ですね。

まとめ

手術をサポートする大切な役割を持つ看護師さんは、機転がきき迅速に行動できる方が向いているでしょう。

執刀医が次に何をするかを考え、適切に器械類を渡すことが大切です。
うっかりミスは許されないので、あわてず落ち着いて行動することも大切ですね。
外回りの仕事では患者さんに手術の説明を分かりやすくする必要があり、高いコミュニケーション能力が求められます。

患者さんの全身状態を把握するなど、注意力や観察力がある看護師さんが必要とされています。
手術室へ転職すると、命を救ったという実感を持つことができるでしょう。
たくさんのやりがいがあり医療技術も学べるので、手術室は多くの看護師が一度は経験してみたいと思う診療科です。

ページトップへ