転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

救急外来・ERの看護師転職

d96f4731d9f377a79d227c49c305d39b_s

救急外来・ERの特徴

緊急な対応が求められる救急外来やERへ転職するには、看護師に求められるスキルや知識には何があるでしょうか?
そして命に関わる病状を扱ったり重篤患者の治療をするという責任が重い診療科ですが、同時に大きなやりがいも見いだすことができます。

救急外来やERで働くと、高い医療技術も身に着き看護スキルもアップするでしょう。
需要の高いこの診療科に求められるスキルや能力について調べ、転職を考えてみることができます。

救急外来・ERでの看護師の仕事内容

救急医療はさまざまな症状の患者さんの治療を行いますが、その重症度は3段階に分けられています。

まずは病状やケガの程度が比較的軽く入院の必要がない1次救急。
そして入院や手術が必要な中程度から重症の患者さんを扱う2次救急と、命の危険がある重症の患者さんを扱う3次救急です。

救急外来では1次救急と2次救急を、ERでは3次救急を担当します。
この診療科へ転職すると、さまざまな病状の患者さんを治療することになるので、幅広い医療知識を身に着けることが必要です。


また、ほとんどの患者さんが緊急で来院するので、前もって知ることのできる情報量が少ないという特徴があります。
患者さんを診て、どのような処置が必要か迅速に判断を下さなければなりません。
観察力や判断力というスキルが求められるでしょう。
救急外来で看護師が行う仕事内容は、診療補助や治療介助、点滴などの薬剤の準備や止血などの応急処置が含まれます。
入院する患者さんの食事介助や排泄介助、清潔ケアも行うことがあります。

ERでは、命に関わる重篤患者を扱うことが多いので特にスピードが求められます。
素早く医療機器や薬剤を準備し、医師と連携しスムーズな治療が行われるようにします。
患者さんの中には、人工呼吸器や人工心肺などが使われることもありますが、看護師はそうしたさまざまな医療機器を管理する業務もあります。
脳圧モニターや気管挿管など、病状に合わせた機器が使われるので、医療機器の操作を覚えなくてはなりません。


救急外来やERで扱う症状の程度は、軽いケガから心肺停止までさまざまです。
心筋梗塞や脳卒中、交通事故などによる多発外傷もあります。
接する患者さんの年齢層は幅広く、いろいろな患者さんや家族と接するので高いコミュニケーションスキルも必要でしょう。

看護師が救急外来・ERで感じるやりがい

適切な処置で患者さんの命が救われた時には大きなやりがいを感じるでしょう。
急性期や急変の看護を行うので看護スキルがアップしますし、適切な判断力も身に着きます。
医師が行う治療を上手にサポートし協調性を持って働くので、医師や他の看護師との団結力も強まるでしょう。

ただし救急外来やERでは重篤な患者さんを診ることが多いので、職場に緊張感があります。
素早い対応ができないと、忙しさやスピードについていけないと感じるかもしれません。
「自分は機転がきかないので救急外来が合わないと感じた」という看護師さんもいます。
転職して間もないと、ピリピリした職場の雰囲気に慣れないと感じることもあるようです。
救急外来やERでは実際に亡くなる患者さんもいるので、死に直面することで精神的ストレスを感じることもあるでしょう。


また、患者さんの家族はパニックになっていることも多いので、家族に対して精神的ケアをする仕事もあります。
患者さんがどのような状態で、今後どのような治療や援助が必要になるかを分かりやすく説明しなければなりません。
家族に優しく接し安心させてあげることで、家族から感謝される機会が多くなるでしょう。

救急医療ではさまざまな症例を扱うので、幅広い医療の専門知識を学ぶことができます。
看護師としての仕事内容も多く、学んだことを発揮できるという特徴もありますね。
仕事はハードで夜勤も多く、身体的にも精神的にも疲れやすい診療科ですが、看護を十分に行えるのでやりがいがたくさんあります。

症例によっては治療だけでなく、その後の生活援助や生活指導をしていくことも必要です。
患者さんとじっくり向き合った看護がしたいという方は、救急外来やERへの転職で大きなやりがいを感じることができますね。

まとめ

スピードや正確な判断が求められる救急外来やERでは、テキパキと働ける看護師さんが向いています。
医師と協力しながらも、時には自分の判断で動く行動力も必要です。
緊張感がある職場なので、マイペースに働きたいという看護師さんには向いていないかもしれませんね。
忙しいのが好き、いろいろな看護を経験してみたいという方にはおすすめです。


身体的また精神的にハードな診療科でやっていくためにはタフであることが必要です。
人の命を救うという実感を持てる診療科ですので、看護師として大きなやりがいを見いだせるでしょう。
救急外来やERで求められる看護師としての適性やスキルを考え、転職を決める参考にしてみてください。


ページトップへ