転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

呼吸器科の看護師転職

40f5e3c8753368560fb9b35b6ad2d1de_s

呼吸器科の特徴

呼吸器科へ転職する看護師さんには、どのようなスキルや能力が必要になるのでしょうか。
特に高齢者の患者さんが多い呼吸器科では、年々患者数が増加し看護師の需要が高まってきています。
仕事内容もたくさんあるので、仕事のやりがいを感じたいという看護師さんからも人気のある診療科なのですね。

転職を考えるにあたって知っておきたい呼吸器科の特徴や仕事内容、そこで働くことで感じるやりがいについて考えてみましょう。

看護師が呼吸器科で行う仕事内容

呼吸器科は、肺や気管支などの呼吸器疾患を治療する診療科です。
呼吸器科は呼吸器内科と呼吸器外科に分かれていて、疾患によってどちらを受診するかは異なります。
主な呼吸器疾患には肺がんや肺炎があります。
肺がんはがんの死亡原因のトップですし、肺炎も死亡原因の第3位です。
また慢性閉塞性肺疾患COPDは、有害物質の吸入で発症しやすくなる疾患ですが、患者数は年々増加しています。


このように近年では呼吸器疾患を抱える方が増えているので、呼吸器科はとても需要が高い診療科なのです。
接する患者さんは高齢者が多いですが、マイコプラズマ肺炎は子供や若者がなりやすい傾向があります。
そのため、幅広い年齢の患者さんと接することは必要になってきます。
やはり年代によって価値観も変わるため、コミニュケーション面でも看護に影響してきます。
看護師の仕事内容は病棟と外来で違いがあります。


病棟では診察補助や採血、バイタルサイン測定や点滴などの業務があります。
その他、入院している患者さんの食事介助や清潔ケアも含まれるでしょう。

外来やクリニックで勤務する場合は、検査介助や診療補助の業務が多くなります。
呼吸器科の仕事内容の特徴は、酸素療法が行われることです。
酸素マスクや人工呼吸器、ベンチュリーマスクなど幅広い酸素療法が行われるので、療法を適切に行うスキルが求められます。
療法を誤ると危険な事態が生じることもあるので、適切に管理しなくてはなりません。
呼吸器科へ転職すると、看護師の一般的な業務を行うことで看護スキルが身に着くというメリットがあるでしょう。

それに加え、酸素療法など呼吸器科ならではのスキルを学ぶことができますね。
肺結核や肺炎は感染力が強い疾患ですから、院内感染を予防することも看護師の大切な仕事です。
患者さんを適切に隔離することなど、細心の注意が必要になる診療科であることも覚えておきましょう。

看護師が呼吸器科で感じるやりがい

呼吸器科で治療を受ける患者さんは、肺や気管に異常があることが多いため苦痛を感じています。
思うように呼吸ができず息苦しい思いをしているのです。

呼吸器科へ転職すると、痰の吸引や酸素療法などのスキルを学び実践することで、患者さんの病状が改善するのを見ることができます。
辛い症状が和らぐので患者さんからも感謝されることが多いでしょう。
自分の看護の成果が現れたときには大きなやりがいを感じます。


呼吸器科での仕事には生活指導も含まれます。
タバコは肺がんやCOPDの原因になりますが、患者さんに禁煙方法のアドバイスを与えるなどして、呼吸状態が改善に向かうよう指導します。
禁煙が成功して病状が改善するなら、やりがいにつながりますね。

このように呼吸器科では、生活指導を通して患者さんの生活全般や全身状態に気を配るので、患者さんに向き合った看護ができるでしょう。
コミュニケーション能力も高まり、患者さんの回復が分かりやすいというメリットがあります。

さらに呼吸器外科では、手術が必要な肺がんや転移性肺腫瘍などの疾患も扱います。
外科処置や手術介助などの仕事を行うことになるので、医療スキルをアップさせることも可能です。
処置から生活援助に至るまであらゆる仕事内容を経験でき、どの診療科へ異動しても役立つスキルを学ぶことができるでしょう。


呼吸器科は患者数が多いのでとても忙しく、手術が長引くと残業になることもあります。
忙しい職場が好きという方には向いていますが、マイペースに仕事をしたい方には向かないかもしれません。 また、急変が起こることもしばしばで患者さんの死に直面することもあります。
そうした精神的ストレスも経験しますが、患者さんの助けになれることを実感できるやりがいのある診療科なのです。

まとめ

急性期の患者さんも治療する呼吸器科では、臨機応変かつ迅速に対応できるスキルが必要です。
急変がいつ生じるか分からないので、患者さんの少しの変化にも気付くことが大切ですね。
また、呼吸器科では院内感染のリスクが高いので、医療機器などの消毒を丁寧に行う必要があります。
仕事をきちんと丁寧にできる看護師さんが向いている診療科です。


肺がんの患者さんに対しては手術や抗がん剤治療を行うこともあります。
がん治療の経験をつみたいという理由で、呼吸器科へ転職しスキルアップを目指す看護師さんも多いようですよ。
大きなやりがいを感じたい看護師さんにとって、仕事内容がたくさんある呼吸器科はぴったりの診療科でしょう。

ページトップへ