転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

脳神経外科の看護師転職

脳神経外科の特徴

脳神経外科へ転職する看護師さんの仕事内容にはどのような仕事内容があるのでしょうか。
脳血管障害を抱える患者さんは多いので、脳神経外科は看護師の需要が高い診療科目のひとつです。

急変に対処することや最新医療についていくことなど、脳神経外科ではさまざまなスキルや能力が求められるでしょう。 看護師として活躍する場がたくさんある診療科で、自分を役立たせスキルアップするなら、たくさんやりがいを感じることができますよ。

脳神経外科で看護師が行う仕事内容

脳神経外科では、脳神経の疾患の治療が行われます。
例えば、脳動脈瘤や脳出血、脳梗塞や脳腫瘍などの疾患を看護します。
てんかんやパーキンソン病など、脳神経が関係する疾患の治療も行われます。
てんかんは年齢に関わりなく小さい子供でも発病することがあります。
またパーキンソン病は50代で発症する方が多いですが、若い方の若年性でもなることがあります。
さらにくも膜下出血や脳梗塞は高齢者の方でも多く発病するので、脳神経外科へ転職するとさまざまな年齢の患者さんと接することになるでしょう。
いろいろな方と上手にコミュニケーションを取ることが必要になりますね。


脳腫瘍や頭部損傷などの治療では、多くの場合手術が行われます。
看護師の仕事内容には手術介助や、手術のための医療機器の準備が含まれます。
手術が終わった患者さんの経過観察をしたり、食事介助や清潔ケア、排泄介助などの生活援助も看護師の業務です。


そのほかに、他の診療科でも役立つスキルも身に着けることができますよ。
例えば、採血や点滴、バイタルサイン測定や診療介助があります。
脳神経外科では、さまざまなモーターを管理するといったこの診療科ならではのスキルを学ぶことができます。
頭蓋内圧や動脈モニター、心電図などのモニターを正確に読むスキルを身に着けることが求められますね。
これらのモニターに慣れるためには経験と時間が必要になるでしょう。
「心電図では略語がよく使われるので、慣れるのが大変」という看護師もいらっしゃいました。
始めは大変かもしれませんが、正確に読めるようになることで患者さんの変化に素早く気付くことができ、迅速に対処できるのでとても大切なスキルなのですね。


脳神経外科ではリハビリ介助など、長期にわたり患者さんを助ける仕事内容もあります。

脳神経外科で看護師が感じるやりがい

最新医療技術を身に着けたいという看護師さんは、脳神経外科への転職でやりがいを見つけることができるでしょう。
脳神経に関する専門知識を学ぶことができるほか最新医療機器の扱いや管理など医療技術のスキルアップをすることができます。

急変への対処を学ぶこともできるでしょう。
命に関わる病気を治療する診療科ですので、スピーディーに働くことが求められます。
意識がない患者さんを診ることもあるので、迅速かつ適正な判断をすることも大切です。
一分一秒を争うこともあり、他の医師や看護師さんとの円滑なコミュニケーションも欠かせません。
看護師さんの中には、迅速に対処しなければならないことがストレスになる方もいるようです。
「判断を誤ったらどうしよう」「仕事がハードで忙しい」という方もいます。
しかし、忙しく働くことでやりがいを感じる看護師さんは多くいますよ。
今までつみあげてきたものを十分に生かせる職場と感じるようですね。


脳神経外科で入院されている患者さんは、日常生活を送ることが困難な状態の方もいます。
脳神経の疾患は回復に時間がかかり、完治しない場合もあります。
そうした方の生活を援助し、患者さんが少しずつ自分で身の回りのことができるようになると、看護師としてやりがいを感じますね。


リハビリ介助など、時間をかけて一人一人に寄り添うので、患者さんと信頼関係を築けるメリットもあるでしょう。
脳神経外科では患者さんの疾患や術後の症状によって、その人に合った看護をすることが必要になります。
一人一人に何が必要かを考えて全身管理をすることになるので、看護師には観察力が求められます。


脳神経外科ではコミュニケーション能力や観察力、医療技術などさまざまなスキルを学ぶことができるので、大きなやりがいがあるのです。

まとめ

決まったマニュアルがなく、その患者さんに合わせた看護が必要になる脳神経外科では、考えて行動できる看護師さんが求められています。
看護計画を立てるのが好きという看護師さんが向いていますね。
脳神経外科で看護師さんが行う仕事内容はたくさんあります。
急変に対処すること、手術介助や生活援助など幅広い看護に関わることができるので、やりがいがたくさんあります。

忙しい業務をこなしながらも、患者さん一人一人をしっかり観察しコミュニケーションを取る能力も必要です。 精神的ケアをすることなど、脳神経外科の看護師が行う仕事内容はさまざまな種類があるので、自分の適性を考えつつ転職を決めることができるでしょう。

ページトップへ