転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

形成外科への看護師転職

1600380414e5a294002da763ab574501_s

形成外科の特徴

形成外科に転職を考えている看護師さんの希望要因にはやりがいを求める方が多いと思いますか?
形成外科ではどのような処置が行われ、看護師さんはどんな業務や看護を行うのでしょうか?

看護師に求められる形成外科でのスキルや能力について調べてみると、自分に合う職場なのかわかるでしょう。
医療の世界でもとても需要が高い形成外科で、看護師としての経験をつみスキルアップするのも良いですね。

形成外科で働く看護師の仕事内容

形成外科は美容外科と似ているイメージがありますが、実は治療の目的は大きく異なります。
形成外科では美容目的の治療ではなく、ケガや病気により傷を負った部分の治療が行われます。
例えば熱傷や褥創、切り傷による皮膚の損傷に対する治療があるでしょう。
口蓋裂や乳がんの乳房再建、顔面骨折の治療も行われます。


このように、形成外科で扱う症例はとても幅広いのが特徴になります。
手術や縫合、レーザー照射など治療方法もさまざまです。
看護師が行う仕事内容は、患者さんへの処置の説明や処置介助、患部の洗浄や消毒などがあります。


病棟では、その他に日常生活の援助が含まれるでしょう。
術後の経過観察に加え、食事介助や排泄介助、清潔ケアをすることが多くなります。
処置をすることが多い形成外科へ転職すると、医療技術のスキルアップが期待できます。


形成外科の専門知識も身に着けることができるでしょう。
形成外科では患者さんの多くは痛みを訴えて来院することが多いので、安全に処置できるよう患者さんを抑えることもあります。もちろん力も必要ですが、看護師に求められるのは疼痛緩和ケアをすることです。
痛みを軽減できる体位の工夫や、さするなどのケアで患者さんがいかに楽になるかを考えるのも看護師の重要な仕事なのですね。
患者さんを安心させる言葉をかけたり、処置方法などを分かりやすく説明することも必要です。


ケガなどで来院する患者さんは、これからどんな治療が行われるのか不安に感じるので、そうした方の精神ケアをすることも欠かせません。
形成外科で接する患者さんの年齢層は、小さい子供から高齢者までさまざまです。
治療を泣いていやがる子供をなだめたりなど、子供を上手に扱うことも求められます。
高いコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

形成外科で感じる看護師のやりがい

ケガなどにより損傷を負った患者さんは、精神的ダメージを強く受けていることがあります。
例えば乳がんの手術で乳房切除術を受けた女性は、今後の生活に不安を感じていることもあるでしょう。
また手足や顔に変形や異常が生じた場合も、自分の外見にコンプレックスを持っているかもしれません。
そのような患者さんの精神的ケアをし、不安を少しでも解消していくことが必要です。


形成外科へ転職すると、そうした新たな能力を身に着け患者さんの力になれることでやりがいを感じます。
手術や治療をした結果、損傷を受けた部分が回復していくのを見ることもできます。
患者さんが再び自信を持てるようになり、喜ぶ姿を見ることができるのはやりがいを感じますね。
看護師の仕事は患部の治療だけでなく、患者さんの今後の生活にも関わってきます。
治療を終えた患者さんが、体の変化と上手に付き合いながら、さまざまな生活上の支障を克服するよう助けることも含まれるのです。


一人一人に身体的また精神的ケアをして、少しずつ回復に向かうのを助けられるのはうれしい経験ですね。
患者さんや家族の喜ぶ様子を見て、満足感を感じるでしょう。
形成外科では急変が起こることがほとんどありません。


命に関わる重篤の患者さんを治療することは少ないので、看護師としてのスキルアップができるか心配になる方もいます。
他の診療科へ移った場合、急変に対処できるか不安に感じるかもしれません。
それでも形成外科では、スムーズな処置ができるようスピーディーに働くことが求められます。
患者さんの症例や処置の仕方はそれぞれ異なるので、治療方法に合わせて臨機応変に対応することも必要です。
いろいろなスキルを身に着けること、患者さんの力になれることなど、形成外科ではたくさんのやりがいを感じるでしょう。

まとめ

形成外科で接する患者さんは、コンプレックスに苦しみ不安を抱えている方が多い特徴があります。
看護師の仕事内容には、治療や処置だけでなく精神的ケアをすることも含まれるので、感情移入ができて優しい言葉をかけられる看護師さんが必要とされています。


どんなことに不安を感じるかなど、相手の気持ちを上手に引き出す会話の技術も必要ですね。
命に関わる重症の患者さんを治療することはほとんどありませんが、看護師として基本的な医療技術を学ぶことができます。 患者さんの回復をじかに見れる、やりがいをたくさん感じることができる職場です。
自分の適性や向き不向きを考えて自分自身を理解する事で、実際に形成外科への転職を決めることができるでしょう。

ページトップへ