転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

循環器科への看護師転職

循環器科

循環器科の特徴

循環器科で行う看護師には仕事内容にはどんな業務が含まれると思いますか?
患者さんの容態の急変への対応など、その診療科目ならではの大変さがあるかもしれません。
あわただしく時間が過ぎていくそんな循環器科ですが、看護師さんがやりがいを感じることの多い職場でもあります。
循環器科への転職を考えるにあたり、看護師さんの仕事内容とやりがい、求められるスキルや適性などについて知っておくと良いですね。

看護師さんが知っておきたい循環器科の仕事内容

循環器科は循環器内科と循環器外科に分かれています。 どちらも心臓循環器の疾患や血管の病気をかかえる患者さんを治療する科です。 循環器科へ転職すると、生死に関わる病気や緊急を要する患者さんと接することになるので、迅速に対応するスキルが求められるでしょう。

一般に循環器外科では、手術が必要な患者さんの治療が行われます。

症例としては、静脈瘤や動脈瘤、心臓弁膜症や虚血性心疾患などがあります。
開胸手術が行われることが多いので、看護師が行う仕事内容には手術に関係する業務が多くなるでしょう。 例えば、手術前の検査介助や手術室への申し送り、手術後には術後の処置や経過観察が含まれます。

循環器内科では、外科で行われるような大きな手術は行われません。

しかし最近では、カテーテル治療や検査、冠動脈形成術は循環器内科が行うようになっています。
大腿静脈から心臓までカテーテルを通す心臓カテーテル検査は、迅速かつ正確に行わなければならない検査です。 検査介助とはいえ、看護師には手際の良さや正確さが求められるます。
循環器内科で扱う症例には、高血圧や動脈硬化、狭心症や不整脈があります。
心臓や血管の疾患を治療する科なので、接するのは中高年から高齢者の患者さんが多いです。

さらに循環器科で働く看護師さんは、医療機器の操作も学ばなくてはなりません。
心電図を読むスキルも必要です。
モニター心電図によって疾患のわずかな変化や異常を知る必要があるので、循環器科へ転職するとまずは心電図を勉強することが必須になります。


循環器科ではそうした専門的なスキルに加え、他の診療科目で役立つスキルも学べます。 バイタルサイン測定や清潔ケア、診療介助や採血など、看護師がどの科でも行う業務の経験を積むことができます。

循環器科での看護師のやりがい


循環器科で看護師が身に着けることが出来るスキルはたくさんあります。
心電図を読むことや心臓カテーテル検査など、専門の知識やスキルを身に着けることにはやりがいを感じるでしょう。
看護師さんからは、「循環器科では心電図を読むことなど絶えず勉強しなければならない」という声をよく聞きます。
それでも心電図に慣れて、患者さんのちょっとした変化に気付けた時に満足感を感じる看護師さんはとても多いようですよ。

また心臓や血液の疾患は生活習慣病が原因の場合もあります。 そのため看護師の仕事内容には、生活習慣指導や健康指導も含まれます。
一人一人の患者さんと向き合い、退院後も健康的な生活を送ることによって病気を防ぐよう指導するわけですね。
患者さんが生活習慣を改善して回復に向かうのを見るときに、看護師さんはやりがいを感じることでしょう。
患者さんやご家族から感謝の言葉をかけてもらうことも多いですよ。


さらに心臓疾患などで外科手術が成功すると患者さんの容態は早く回復します。
そのため循環器科では、患者さんの回復が目に見えて分かりやすいというメリットがあります。
とはいえ急変も多く、少しの判断の遅れや誤りが生死に関わる事もあるでしょう。
実際に亡くなる患者さんも少なくないので、精神的にも辛いですし仕事的にも業務責任が重い科の一つですね。
看護師の仕事をしていると、患者さんの死に向き合うのは避けることができません。
循環器科の疾患は、がんに次いで死亡率が2番目に高い疾患ですので、死に向き合うことが他の科より多くなるかもしれません。

循環器科への転職を考えるなら、そうした精神的なストレスがあることも覚えておく必要がありますね。
しかし同時に命を救う場面も増えるということですので、看護師は生死に向き合いながらも仕事にやりがいを感じていくことができるでしょう。



まとめ

向上心があり学習意欲のある看護師さんが向いていますね。

とてもハードで仕事内容も多い循環器科へ転職を考えている看護師さんは、忙しさについていける人向けです。
夜勤が多いですし、緊急を要することも多いので、体力や順応性が必要になるでしょう。
また循環器科では絶えず専門知識を勉強し続ける必要があります。
向上心があり学習意欲のある看護師さんが向いていますね。
緊急手術が行われることもあり迅速で的確な判断が求められるため、いつでもあわてず冷静に行動することが大切です。
医師や他の看護師とも協力し、スピーディに対処していくことができますね。
循環器科ならではのやりがいを看護師さんは感じることができるので、転職を考える方は是非以上の情報を参考にしてみてください。

科目別のお仕事探し 一覧

ページトップへ