転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

産婦人科への看護師転職

産婦人科

産婦人科の特徴

喜びの瞬間に立ち会える人気の高い産婦人科への転職を考える看護師さんは、現在もますます増えているようです。
他の診療科目では経験できない感動を味わえるのが魅力で、仕事にやりがいを感じるようですね。

それでも産婦人科の仕事内容は出産を助けることだけではありません。
婦人科系の病気を治療するなど、多くの分野が含まれます。
産婦人科へ転職したい看護師さんが知っておきたい、仕事内容やメリットとデメリットについてみていきましょう。

産婦人科での看護師さんの仕事内容

産婦人科へ転職するなら当然ながら、
女性の体についての専門的な知識を身に着けることが必要になります。


産婦人科と言えば、出産を助ける魅力的な仕事を想像する方が多いかもしれませんが、実は産婦人科は産科と婦人科に分かれています。 妊娠や出産を扱うのが産科、婦人科系の病気を扱うのが婦人科で、仕事内容はそれぞれ異なります。


まず産科で看護師さんが行う業務は、妊娠期の検査介助や血液検査、点滴やバイタルサイン測定、清潔ケアなどがあります。 妊婦さんに予防接種注射をしたり、健康管理指導をするのも看護師の仕事です。 分娩が近づくと、陣痛をチェックし助産師さんの分娩介助をします。


そして分娩が終わると、ママさんの回復チェックや授乳指導に加え、今度は新生児のケアが必要になります。 沐浴やおむつ交換など、他の診療科目では経験しない業務をすることになりますね。 出産はすべての方が順調とは限らず、緊急帝王切開が行われるかもしれません。 または中絶手術が行われることもありますし、その場合は医師の手術介助をする事になります。


産科では出産に関わる業務が多いのに対し、婦人科では他の診療科目と似た仕事内容が含まれます。
例えば、婦人科では子宮筋腫や子宮がん、卵巣がんなど女性特有の病気の治療が行われます。 そのため看護師の仕事内容には検査介助や手術介助、点滴や配薬などが含まれ、他の診療科目でも役立つスキルを身に着けることができるでしょう。


生理不順や更年期の女性、婦人科系の病気がある高齢者の方など、さまざまな患者さんがいます。 産婦人科の患者さんはすべて女性ですが、10代~老年期までの幅広い年齢層の患者さんと接することになります。 産科では新生児に接することができるので、年齢の幅は他のどの診療科目よりも広いと言えますね。 産婦人科へ転職するなら当然ながら、女性の体についての専門的な知識を身に着けることが必要になります。

産婦人科への転職で期待できる仕事のやりがい

産婦人科で働きたい看護師さんがたくさんいるのは、命の誕生に立ち会えるという魅力があるからですね。


無事に出産を終えたママさんやご家族は喜びにあふれているので、一緒に喜びを分かち合えるメリットがあります。
「大変なお産ほど感動も大きく、無事に生まれたときには涙が止まらない」という看護師さんの話をよく聞きますよ。 たしかに出産に立ち会うのは大変なことです。


夜中でも関係なく分娩は始まりますし、勤務時間外に呼び出されることもあります。
そのため産婦人科の看護師には体力が必要ですし、上手に睡眠不足を解消しなくてはなりません。
緊急事態が生じることも多く、手術の準備や介助に追われることもあります。
そのため、急変に対処することを学ぶ必要があります。
しかし大変なことがあっても命の誕生に関われるというのが、やりがいを感じる理由でしょう。


一方、出産が順調に行かないこともあります。
流産や死産など死に関わる面もあるので、精神的ストレスを感じることがあります。
さらには子宮摘出など、子供を産めなくなる女性の精神的苦痛は大きく、そうした患者さんの精神的ケアをすることも必要です。 中絶することにする女性もいますし、必ずしも命の誕生のみに関われる訳ではありません。
産婦人科への転職を希望する看護師さんは、こうしたデメリットもあることを意識しておくことができますね。
産科では妊娠から出産後まで診ることになるので、これから出産を経験する看護師さんにとっては事前に役立つ情報を知ることができるでしょう。


また、他の診療科目と違うのは、産婦人科は健康な人も受診するということです。 妊娠や出産は病気ではないので、一般に病棟の雰囲気は明るく前向きに仕事ができるでしょう。 産婦人科で働くメリットはたくさんありますね。

まとめ

産婦人科ではいろいろな年齢や背景の患者さんが治療しています。

新しい命を預かる産婦人科は、子供や赤ちゃんが大好きという看護師さんが働くのにぴったりの職場です。
嬉しいことだけでなく悲しい時もあるので、身体的ケアだけでなく精神的ケアをすることも求められます。
感情移入ができ、優しく患者さんに接することのできる看護師さんが必要とされています。

さらに産婦人科では、患者さんや他の看護師さんもすべて女性です。
女性ばかりの職場になるので、人間関係がぎくしゃくすることもあるかもしれません。
いろいろなタイプの人と仲良くでき、上手にコミュニケーションを取れる人が向いているでしょう。
産婦人科への転職で、他では経験できないやりがいを感じてみるのはいかがでしょうか。


スムーズな治療が行われるようチームワークを意識して、他の看護師や医師と協力することも求められますね。
忙しく働くことが好き、充実した看護師生活を送りたい。
そんな方はやりがいのある整形外科への転職を考えることをオススメしますよ。

ページトップへ