転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

整形外科への看護師転職

17e8375ed6b8461036d191a8c9eb5985_s

整形外科の特徴

整形外科で働く看護師さんはさまざまな種類の疾患・症例に接することになるので、看護師としてのスキルアップを期待できる科の一つです。
整形外科は内科に次いで患者数が2番目に多いため、たくさんの看護師が必要とされています。
医療の世界でも需要が高く、活躍の場が多くある整形外科で働くことによって、看護師さんはやりがいを感じることができますね。 ここでは整形外科で働くメリットや、看護師の仕事内容について調べてみましょう。

整形外科での看護師さんの仕事内容

いろいろな仕事内容がある整形外科へ転職すると、新たな知識やスキルを身に着けることが必要です。


例えば包帯巻きやギプス巻きの介助などは、整形外科でのみ行われる業務ですよね。
包帯巻きやギプス巻きにも技術が必要で、体の部位を性格に理解していないと上手に固定するのはなかなか大変です。
きちんと固定するまでに思ったより時間がかかった看護師さんもたくさんいると言われます。
そんな整形外科ならではの業務や看護は、初めはコツをつかむのが大変かもしれませんが、現場で経験をつむことによって上達してくるでしょう。


他にも整形外科の看護師の仕事はたくさんあります。
例えば診療の介助や傷の処置、検査のための採血や点滴も含まれますし、病院によっては看護師に注射が任されることもあるでしょう。 バイタルサイン測定や薬品の管理や発注、配薬なども含まれます。 こうした一般的な業務は他の診療科目と同じなので、整形外科でスキルアップをすれば他の診療科目へ転職した場合でもきっと役立ちます。


整形外科では幅広い年齢層の患者さんと接する機会が多くあります。
交通事故やスポーツでケガをした方、転倒で骨折した方など、子供から高齢の方まで年齢はさまざまです。
自分では動くことができない患者さんも多いので、食事介助やトイレ介助、清潔ケアなども看護師さんが行う業務になります。 ケガの治療ではギプス固定の交換や牽引療法、リハビリ介助をすることも必要です。


高齢の方であれば、症例はケガ以外にも骨粗しょう症や変形性関節症、リウマチ性疾患などがあります。 症例によっては、脊髄手術や人工関節置換術、骨折手術が行われることがあります。 そのため看護師の業務には、手術の準備や介助も含まれるでしょう。

整形外科へ転職することで感じるやりがい

患者さんの多くはケガや筋肉の疾患で治療しているので、回復に向かう方がほとんどです。
自分でベッドから起き上がれるようになった、歩けるようになったという嬉しい声を近くで聞くことができます。
整形外科ではこうした比較的早い回復をじかに見ることができ、仕事のやりがいを感じることができます。
患者さんの表情や、病棟で働く職員の雰囲気も明るいというメリットもあります。


命に関わる病気はほとんどなく、大抵の方が元気になって退院していく様子を見られるのは嬉しいですね。
リハビリを頑張る患者さんはそれだけ回復が早く、患者さん自身も満足感や達成感を感じやすいものです。
患者さんやご家族から感謝されることも多いので、モチベーションを保ちやすい診療科目といえるでしょう。
時には緊急性を要することや、仕事内容もたくさんあるので、あわただしい雰囲気になる事があるかもしれません。
転職して間もないときは、覚えることがたくさんあって少し大変かもしれません。


高齢者の入院患者が転倒しないように常に注意するなど、気を使うこともあります。
それでも職場の雰囲気が明るいというのは、整形外科で働くメリットです。


整形外科のデメリットは、仕事内容に移動介助も含まれるので体力が必要になるという事です。
患者さんの中には、スポーツ選手のようながっしりとした体格の方もいますから、そうした方の体位交換は力仕事になります。 腰を痛めずに上手に体位交換をするには、やはりコツと経験が必要になるでしょう。
しかし病院によっては介護士がいて、移動介助や体位交換を担当してくれる事があります。
「介護士が配属されている病院を選んで転職すれば少しは良い」という看護師さんのアドバイスもあるので、参考にしてください。

透析で働く看護師さんのクチコミ

  • 若い方から高齢者の方まで幅広い年齢層の方が入院してくる診療科です。 高齢者の方は、認知症はもちろんですが内科基礎疾患を持っている方が多いです。その為、整形外科のみではなく、内科基礎疾患に関する知識も要求されます。 やっぱり、回復が目に見えてわかりやすく早い診療科なので、やりがいがあります。(30代女性、正看、神奈川県相模原市在住)
  • ウチの病院の整形外科病棟はとにかく、高齢者が多いです。認知症を持っている高齢者の方もすごく多いです。 その為、徘徊する高齢者の方の転倒防止対策に追われてる毎日です。笑 また、内科と比べるとみなさんお元気なので、お話し好きな方も多いので、言葉遣いや態度などの接遇には気を遣っています。(30代女性、正看、千葉県千葉市在住)
  • 私が以前勤務していた病院の整形外科病棟は、まさに体育会系という感じでした。笑 新卒から勤務している方が非常に多く、みんなテキパキしている印象でした。 他科と比べると、点滴の量や処置などが比較的少ない代わりに、術後のADLの獲得が重要という感じです。その為、他職種(リハ系)の方との連携が重要でした。 また、内科系と違い、死亡退院が少ないのも特徴かもしれません。(20代女性、正看、東京都大田区在住)

まとめ

整形外科ではいろいろな年齢や背景の患者さんが治療しています。

さらにケガの治療が多く元気になると退院されるので、他の科に比べて長期入院が少ない診療科目です。
そのため整形外科で働く看護師さんには、いろいろな方と短期間で上手にコミュニケーションを取ることが求められます。
いろいろな方と会話ができ、元気で明るく患者さんに接することができる方が向いているでしょう。
整形外科は仕事内容もたくさんある忙しい職場です。

スムーズな治療が行われるようチームワークを意識して、他の看護師や医師と協力することも求められますね。
忙しく働くことが好き、充実した看護師生活を送りたい。
そんな方はやりがいのある整形外科への転職を考えることをオススメしますよ。

科目別のお仕事探し 一覧

ページトップへ