転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

透析への看護師転職

16c63c7da6692277f1d0b47ea5476048_s

透析看護の特徴

透析というと看護師さんの中でも人気が大きく2分されるイメージがあります。 夜勤がなく、給与水準が高く、専門性の高い職場環境に魅力を感じる方と、それはそうだとしても「透析患者さまは難しい・・・」というイメージがある為、避けられる方がいるイメージがあります。

 

実際の透析看護の現場について少し話を進めたいと思います。

「透析」は、一般的に腎臓機能障害により機能低下した患者さまに対して、人工的な透析療法を行う血液透析を示します。 また、人工透析を受ける患者さまは、ほぼ永久的と言える期間、週2,3日程度の透析を受け続けなくてはいけません。 患者さまの苦痛を和らげ、気持ちを励ましながら、生活習慣の中でうまくセルフケア出来るように指導することも重要です。

 

透析室の看護師の主な仕事は、バイタルチェックや、穿刺、抜針、患者さんの様態観察などです。 透析に必要なプライミング(準備)に於いては、医療機器の操作についてはME(臨床工学技士)が中心に行っているところが多いです。

上記以外に患者さまを透析室に案内したり、施術内容の説明、体調に関する質疑、病状に合った食事指導や生活指導を患者さま本人だけでなく家族への指導やサポートも行います。

 

また、透析の患者さまは、水分や糖分・お酒等に制約が必要なケースがほとんどです。 その為、症状が思わしくない際にイライラされる方もいるので、その辺りが「透析患者さまは難しい・・・」と言われる要因かと思われます。 その為、よく患者さんとコミュニケーションをとって、信頼関係を構築するということも重要なことです。

 

一方、透析は専門的な技術、知識が求められる領域でもある為、透析看護認定看護師・透析療法指導師・透析認定士などの専門資格を習得して、スキルアップをする方も数多くいます。

 

透析で働くメリット

給与水準が高い

透析室勤務で働くメリットでよく言われているのが「高給与」という条件です。 日勤のみの勤務で年収400~450万以上が可能です。クリニックなどによっては、年収500万以上の条件提示をいただくケースもあります。 通常の日勤常勤に比べ、「透析室手当(特殊手当)」、「遅番手当」、「通し勤務」などが含まれる為、給与水準が高い点もありますが、「個人クリニック」が非常に多い為、中には給与水準が非常に高いクリニックなどもあります。

 

透析で働くデメリット

ルーティンワークで業務のマンネリ化

透析に限った話ではありませんが、「業務のマンネリ化」を理由に退職する方が多い印象を受けます。 仕事の内容がルーティンワーク中心の為、業務が覚えやすい一方、患者さまも通院期間が長い方が多い為、全体的に変化がない印象を受けるかもしれないのが要因かと思います。

透析で働く看護師さんのクチコミ

  • 看護学生時代からの同期から「透析の患者さまは結構大変らしいよ。」という噂話を聞いてましたが、透析に今年の4月からチャレンジしています。でも実際に、透析室で勤務して見ると、患者さまはとてもやさしいです。特に新人ということもあって気にかけてくれる方が多いです。中には「新人かぁ・・・」と言う対応をされる方もいますが、それは病棟も一緒ですね。ただ、今では結構仲良くしてもらってます。 最初は穿刺以外の業務を中心に行っていましたが、現在では血管がわかりやすいまっすぐな方の穿刺を始めています。 場所によっては、穿刺をMEがするところもあるようですが、ウチは看護師が行います。(20代女性、正看、東京都中野区在住)
  • 透析クリニックで勤務すると、「観察力」が落ちるのでは?と思う方がいますが、実際は、そんなことは全くありません。 除水量を間違うと、ショック反応を起こしたり、最悪の場合、命が危険にさらされることもあります。ですから、「観察力」は常に意識しています。 人によっては、透析機器の操作や手順などに面白みを感じる方もいます。特に男性看護師に多い気がします。w クリニックによって異なりますが、日勤のみで勤務時間も融通を聞いてくれるのでママさんナースでも長く続けられるのでは?と思います。(30代女性、正看、千葉県成田市在住)
  • 患者さまは物事をはっきりいう人が多い気がします。中には、穿刺を一度失敗すると、「2度とやってほしくない。他の人にしてくれ!!」という方もいます。それが嫌で短期間で異動した看護師もいました。 ワタシ的には患者さまやその看護師のせいというよりは、先輩ナースのサポートに問題があったと思いますが。。。 透析室は看護師以外にもMEさんが多くいるのでなんとなくチーム意識が高い気がします。 また、専門性が強い領域なのでキャリアアップとして「透析療法指導師」を目指す方が多いです。(30代女性、准看、神奈川県横浜市在住)

科目別のお仕事探し 一覧

ページトップへ