転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

美容外科への看護師転職

833384da761d921ee4d9072e66728677_s

美容クリニックの特徴

美容外科へ転職すると、看護師はこれまでの科にはないやりがいをもしかしたら感じるかもしれません。
患者さんは主に美容目的で来院されるので、一般の診療科での勤務とは少し異なります。
そのため美容外科特有のスキルが求められたり、新しい仕事内容を覚える必要があるでしょう。

綺麗になりたい女性共通の願いを叶える美容外科で働くことはさまざまなメリットがあります。
美容外科は女性看護師の活躍の場がたくさんある診療科目として注目されています。

美容外科での看護師の仕事内容

美容外科は、健康な人に看護・対応するという点で他の診療科目とは異なります。
患者さんは病気で来院するのではなく、何らかのコンプレックスを治したいという理由で来院します。
そのため美容外科へ転職すると、仕事内容はこれまでと違うものになるでしょう。
患者さんがどんなコンプレックスを抱えているか知るために、カウンセリングをすることが必要です。


他の診療科では主に医師が治療法を説明したり提案したりしますが、美容外科では主に看護師がカウンセリングをします。
患者さんの気持ちに配慮を示しながら、上手に治療法を提案するコミュニケーション能力が必要になるでしょう。
患者さんとはいえ相手はお客様になるので、ていねいに接客することが求められます。
その点が一般の診療科とは異なりますね。


美容外科では、脂肪吸引や豊胸手術、まぶたを二重にする手術やタトゥー除去などの治療が行われます。
そのため看護師の仕事には手術介助が含まれてきます。
医療器具の洗浄や消毒、滅菌などの仕事があるでしょう。
診療介助や採血、患部の消毒など、他の診療科目で行われる業務もあるので、看護師としての一般的なスキルを学ぶことができます。
脱毛を希望する患者さんには、医療脱毛器を照射することも看護師さんの仕事ですね。


クリニックで働く場合はこれらの業務の他に、受付や会計、電話対応や掃除などが含まれます。
接する患者さんは若い女性が多いですが、最近では気軽にできるプチ整形が広く行われるようになっているので、年齢に関わらず多くの女性が来院されます。


ホクロの除去や脱毛など気軽に来院する方も増えてきたので、看護師さんの需要が高い職場ですよ。
美意識を持つ幅広い年齢層の方と接するので、働く側としても良い刺激をたくさん受けることがあります。

美容クリニックで働く看護師さんのクチコミ

  • 最初は患者様というよりお客様という部分でいろいろ戸惑うことが多かったのが本音です。転職前に内科病棟にいたので特にそう思ったのかもしれませんが。w そんな私も今では、美容皮膚科のクリニックで「レーザー脱毛、ケミカルピーリング」を中心とした施術とお客様のカウンセリングを毎日行っています。病院のころと違って、同年代のお客様などとお話する機会が多いです。 今のやりがいは、お客様のお肌に関する悩み・コンプレックスがカウンセリング・施術を通して、す~っと晴れていく姿を見れることです。やっぱり、患者様が元気になる姿は嬉しいですね。病院でも美容クリニックでも。 あとは、自分自身が格安で美容治療が受けられるのも嬉しいです!!(20代女性、正看、東京都中野区在住)
  • これまで病院の面接では落ちることがありませんでしたが、今回の転職で美容クリニックを3箇所受けた時に2箇所は面接NGを受けました。今の職場に入って、気づいたのですが、面接の際にいつも通りの病院面接と同様に素っ気無い格好と態度で面接を受けたのが間違いでした。やっぱり、美容クリニックに面接に来てるということを意識して、清潔感や接遇ももっとしっかり面接でアピールすべきでした。とりあえず、今の職場でがんばります。(20代女性、准看、埼玉県上尾市在住)
  • これまで2箇所の美容クリニックで勤務したことがあります。ひとつは大手美容クリニック、もうひとつは現在勤務している都内で2つのクリニックを展開している小規模な美容クリニックです。 美容クリニック未経験の後輩によく、「営業ノルマって大変ですか?」と聞かれますが、美容クリニックによって営業ノルマ?営業目標?があるところとないところがあります。当然お店の売上目標はどちらもありますが、個人に営業ノルマがあるところとないところがあります。その辺りもよく確認してから転職するといいと思います。 ちなみに最初に入った美容クリニックでは営業ノルマ?的なものがありましたが、私は「そんなものか」と思って、特に気になりませんでしたが(笑)(30代女性、正看、神奈川県大船市在住)

美容外科で働くやりがいについて

「コンプレックスを改善したい」「綺麗になりたい」という願いが叶えられて喜ぶ患者さんを見るのが一番のやりがいですね。
治療の結果に満足する患者さんを見ると、ほっとした気持ちになるでしょう。


美容外科で手術を受けるのは、患者さんにとって不安なことだらけです。 そうした不安な気持ちを解消し、精神的にケアすることで患者さんを助けられるのも嬉しですね。


綺麗になった患者さんは、看護師や医師への感謝の気持ちでいっぱいになるので感謝を伝えられることもしばしばです。
美容外科へ転職すると美容について詳しくなるので、実生活で役立つというメリットもあります。


どのように美しくいられるか、表情筋を強めたり肌のケア方法など実際的な美容法を学べるかもしれません。 事実、美容外科ではアンチエイジングや美容に関する勉強も必要とされます。


おしゃれが大好きな人や美容に関心がある人は、美容外科へ転職すると楽しく仕事ができるでしょう。
美容外科では命に関わる病気を扱うことがないので、職場の雰囲気が明るいという特徴があります。
また緊急を要するケースもほとんどないので、精神的ストレスが少ない職場です。


夜勤もないので体力的にも楽ですね。


他の診療科と違う点でデメリットになるのは、ノルマを課されることです。 悪質な美容外科では患者さんへの販売ノルマがあります。 契約を取ることや、美容関連の商品を売ることなどノルマ達成のために頑張る必要があるかもしれません。
「他のスタッフとくらべられるのでプレッシャーを感じる」という不満を聞くこともあります。
ノルマがあることでモチベーションがアップする人なら、逆にやる気が起きて良いかもしれませんね。


年齢が上がっていくと看護師は美容外科では採用されにくくなります。 一度美容外科で働いてみたいという方は、早いうちに転職を考えることができますね。

まとめ

美容外科の看護師は美容についてアドバイスをしたり、その人に合った施術をすすめる仕事をします。
人の役に立ちたいという強い気持ちを持つ方がこの職場には向いているでしょう。

さらに美容外科ではコンプレックスを持つ患者さんに不快感を与えず、上手に施術を提案することが必要です。
人と上手にコミュニケーションを取ることが求められますね。
美容外科はエステの要素も持ち合わせているので、一般の診療科目で勤務するのとは異なります。

美容外科特有のメリットやデメリットを知って、自分の適性を考えてみるのはいかがでしょうか。
楽しく和やかな雰囲気の職場で、看護師としてのやりがいを見つけることができるでしょう。

科目別のお仕事探し 一覧

ページトップへ