転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

眼科への看護師転職

f7c46f4adc34db5213df9d4ce0969135_s

眼科の特徴

専門性の高い眼科へ転職する看護師さんは、実は眼科特有の専門知識やスキルを身に着けることが必要です。 眼科には病棟や外来、クリニックでの勤務などいくつかタイプがありますが、それぞれの職場で看護師はどのような仕事をするのでしょうか?
眼科で求められるスキルは何か、また看護師の仕事内容ややりがいを考えてみましょう。
看護師さんは新たな診療科で大きなやりがいを感じるなら、転職を成功させることがで切ると思います。

看護師が眼科で行う仕事内容

目の疾患には手術が必要な疾患も多くあります。
よく知られている疾患では白内障や緑内障、さらに網膜剥離も手術が行われることがあります。
病棟で勤務する看護師は、手術介助が仕事内容に含まれるでしょう。
手術の説明や準備、術後の経過観察も行います。
患者さんが入院する場合は、手術に関係する業務の他に、食事介助や清潔ケアなどの生活援助もします。

外来やクリニックで勤務すると、検査介助が看護師の主な仕事内容になるでしょう。
眼科ではさまざまな検査を行います。
視力検査や視野検査、超音波検査や眼圧検査といった検査の多くを看護師が行うのです。
こうした機器の管理や操作は看護師に任せられることが多いので、眼科へ転職すると医療機器を扱うスキルが必要ですね。


眼科を受診する患者さんは、高齢の方が多いでしょう。
老眼で来院される方もいますし、眼底の変化による加齢黄斑変性や網膜静脈閉鎖症は加齢が原因で発症します。

しかし眼科で接するのは高齢者だけではありません。 弱視や斜視で来院する子供もいます。
さらに現代ではスマホなどの普及により、若い人を中心に視力が低下する傾向がみられます。
そのためいろいろな年齢層の患者さんと接することになります。
そうした患者さんに対しては、診療介助や点眼、視力矯正のためのメガメやコンタクトレンズを処方する業務を看護師は行うことになるでしょう。

多くの患者さんは、目の疾患を抱えたり視力が低下してくると、日常生活に支障をきたすことになるので不安を感じます。
さらに目の手術を受けることも不安です。
例え30分程度で終わる比較的簡単な手術であっても、目を触られるというのはだれでも抵抗があるものです。 看護師が行う仕事内容には、そのような患者さんを安心させ精神的ケアをすることも含まれます。

看護師が眼科で働くやりがい

目の疾患を抱える患者さんは、治療で視力が回復してくると安心感を覚えます。
手術の中には比較的短時間でできるものも多く、術後に早い回復が見られることもよくあります。
そのため眼科では患者さんに感謝の言葉をかけてもらうことが多く、看護師として大きなやりがいを感じるでしょう。

眼科で患者さんと接する時に気を付けるべき点は、相手の立場になって物事を考えることです。
多くの方は視力に障害があるので、院内を移動する時も手を引いてもらうことが必要かもしれません。
目が見える方と同じように接してはいけないのですね。ちょっとした気配りが必要になるのです。

そうしたやさしさを通して患者さんにこちらの気遣いが伝わると、お互いの信頼関係が深まります。
患者さんと良いコミュニケーションが取れることも、眼科で感じるやりがいですね。
眼科では命に関わる病気を扱うことがほとんどないので、精神的ストレスが少ない診療科かもしれません。

症状の軽い外来に通うレベルの患者さんが多いのも事実です。
ただし急変に対処することがないため、看護のスキルアップができないという方もいます。
点滴や採血を行うことが少ないので、処置をもっとしたいという看護師にとっては物足りなく感じるようです。

たしかに眼科へ転職すると、仕事内容の多くは医療機器を使った検査で、一般的な処置などの業務は少ないかもしれません。
それでも、特殊で専門性の高い機器の操作を学べるのは貴重な経験でしょう。
眼科ならではのスキルを身に着けることができ、それがやりがいにつながるという方も多いのです。
眼科は夜勤がほとんどないので、プライベートの時間を大切にしたいという看護師さんが働きやすい職場です。

夜勤は少ないですが仕事内容は多いので、充実した看護師ライフを送りたいという方は、眼科への転職でやりがいを感じることができるでしょう。

眼科で働く看護師さんのクチコミ

  • 本当に苦労しました(T_T)ブランクも合って、家の近くの個人眼科クリニックに復職したのですが、簡単だと思っていた視力検査もうまく出来ずに正確な数値がなにも出さなかったです。また、検査も多く覚えることが多すぎて最初は毎日続けられるか不安でした。 ブランクも合って、教えてもらえるから大丈夫なんて気で転職したのが間違いでした。ちゃんと勉強してから入職すればよかったです。でも今も、頑張ってますよ。(40代女性、正看、神奈川県川崎市在住)
  • 眼科クリニックで働いていました。眼科に興味があって就職したわけではなく… 体調を壊したあとだったので夜勤のない近所の眼科クリニックで募集がたまたまあったので応募したました。気が付けば、1年働いてます。特殊科だったので、未経験でスタートしたので慣れるまではけっこう大変でしたが、初めてのことだから結構教えていただけるクリニックだったので助かりました。 ただ、限定された領域なので、その後内科や外科、総合病院に行ったときにが心配です^^;(30代女性、正看、埼玉県所沢市在住)
  • 大手レーシック専門クリニックで働いています。新卒で大学病院で勤務開始したのですが、夜勤が合わなくて、日勤のみで高給与条件で探して働き出しのがホンネです。最初は美容外科も考えたのですが、周りの話を聞いていると、色々人間関係とかノルマとかが大変そうだったのと、受かるの?という思いも合って、レーシック専門クリニックを選びました。 仕事内容は正直、慣れてくると単調なので、向き不向きがありますね。ウチの場合は、シフト制で術前説明、オペ介助、術後ケア、検査担当など分かれているので、一日中、検査というのもよくあります。 特に不満はないですが、1つあげるとしたら、休みですかね? 週休2日で休みは多いのですが、日祝日や、GW、夏休み、年末年始などはほとんど休めないです。患者様が一番いらっしゃる忙しい時期なので。w(20代女性、正看、東京都中野区在住))

まとめ

眼科では、不安を抱える患者さんに対して感情移入をして接することが必要です。
細かい気配りができる看護師さんが向いているでしょう。
また、手術への不安を感じる患者さんに、どのような手術が行われるかを丁寧に分かりやすく説明することも大切です。

コミュニケーションスキルが高いと患者さんに感謝される機会も多くなりますね。
眼科は目の疾患がなくても、視力矯正などで多くの方が来院する診療科です。
日常生活と深い関わりがあるので、多くの方に貢献していることを実感できる診療科なのですね。
患者さんとコミュニケーションを取るのが好きという看護師さんは、眼科への転職で大きなやりがいを見つけることができるでしょう。

科目別のお仕事探し 一覧

ページトップへ