転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

外科への看護師転職

外科の特徴

看護師さんが外科へ転職する場合、やはり最低限の臨床看護技術が必要になります。 そして外科の看護師に求められるスキルは、他の診療科目で求められるスキルとは異なる内容があります。
他の診療科目では経験したことがない状況に直面するかもしれないので、前もって外科の看護師の仕事内容や求められる能力について知っておきましょう。
仕事にやりがいを見出せるなら転職を成功させることができますね。

外科の看護師の仕事内容について

外科の診察を受ける多くの方は緊急な処置を必要とする、急性期の患者さんがほとんどです。

そのため外科へ転職すると忙しく、時間があっという間に過ぎるように感じることでしょう。 看護師の仕事内容は、創部の洗浄や消毒などの処置が多く、その他感染症の有無の確認や軟膏の塗布なども担当します。



さらにバイタルサイン測定や採血、点滴や薬の投与なども定期的に行う業務に含まれます。 そして外科へ転職した場合、内科と異なるのはやはり忙しさです。



手術が行われるので術前や術後の処置、患者さんやご家族に手術に伴う必要事項を伝えるなど多くの仕事があります。 患者さんの年齢層は幅広く、小さい子供からお年寄りまでさまざまです。 年齢に関わらず、ケガをするとまずは外科を受診しますよね。 さらに手術を要する盲腸は小さい子供でも発症しますし、最近では医学の進歩により90代の高齢者の手術も可能になっています。 症例は、例えば胆石症や腹膜炎、悪性腫瘍の疾患まで幅広くあるのです。



看護師の仕事は、手術後の処置も当然含まれます。

特に腹部の手術では、腸閉塞を引き起こしたり内臓の癒着が生じることもあるので、術後の観察が必要になります。 少しでも容態が変化したらすぐに担当医師に伝えるなど、的確な判断や迅速な対応が求められるのですね。 手術を終えた患者さんに人工呼吸器を用意したり、ベッドメイキングをすることも仕事内容に含まれます。

外科の看護師の仕事は定期的な業務に加えて、術前処置や術後の経過観察、手術室への申し送りなどさまざまな内容があるのです。 多くの業務がある上、ほとんどが緊急に対処しなければならないものです。 そのため「忙しさについていけない、ミスが生じてしまわないか心配」という声を聞くことが多くあります。

外科で働く看護師さんのクチコミ

  • 外科を経験すると臨機応変に対応できるようになる。外科を先にやったほうが清潔・不潔から検査や術前術後の経過、など一通りの処置を学べる。特に高齢者は色んな既往があるので薬のことや症状の観察力、急変時の対応力がつくと思います。(20代女性、正看、東京都板橋区在住)
  • 外科系か内科系のどちらかを選べと言われたら、外科ですかねぇ。 内科の場合、自分のやってることが目に見えないので、「本当に意味あるの?」って思えてしまうことが正直ありますが、外科の場合、患者さんの回復とかオペ出しとかわかりやすい目的?があるので、仕事がやりやすいです。(20代女性、正看、千葉県成田市在住)
  • 病院や病棟によって違うかもしれませんが、小さいお子さんを持っているママさんナースにはちょっとオススメしづらいですね。退勤予定時間が近づいても受け持ち患者さんがオペから戻ってこない・・・などで残業が発生することが多い気がします。私の病棟独特な話かもしれませんが・・・。そのあたりをよく確認してから配属希望を出したほうが良いです。(40代女性、正看、神奈川県横須賀市在住)

外科の看護師が見いだせるやりがい

外科ではさまざまな症例に接することが多いので、
看護師としてスキルアップすることが期待できます。

よく「若いうちに外科を経験していくと、年齢を重ねてからつぶしがきく」と言われる通り、臨床看護を学べるのは一番のメリットです。


処置や点滴、薬の投与など定期的な業務に加え、手術前後の検査や経過観察など、看護師に求められる臨床看護技術を身に着けることができますね。 色々な経験を外科で積むことができるのが、外科への転職で見いだせるやりがいの一つです。 また多くの看護師さんによると、患者さんの回復が目に見えて分かることにやりがいを感じるそうです。 多くの患者さんはケガの処置や手術など、短期的な治療を要する方がほとんどです。 そしてほとんどの場合は術後に回復に向かうので、治療や回復に貢献できるのを他の診療科目よりも強く感じることができるのですね。


回復に向かう患者さんの表情は明るく、感謝されることもしばしばです。 短期入院が多い患者さんの入れ替わりは早く、さまざまな方と接することができるのも毎日刺激になりますね。 いろいろな方と関わることでコミュニケーション能力が高まり、看護師に必要な特質を磨くことができるでしょう。 看護師としてやりがいを感じることのできる外科ですが、それでも外科特有のデメリットもあります。 多く聞かれる悩みとして、急変や緊急な事態に対応しなければならないので、いつでも緊張感があり現場の雰囲気がピリピリする事がよくあるそうです。


厳しい先輩たちの下で働くなら、余計緊張感を感じるかもしれません。 予測していない事態が発生することもあるので、臨機応変に対処することも学ぶ必要があります。 さらに最新の医療技術についていく必要があり、常に新しい知識を取り入れていかなければなりません。 そうした毎日の慌ただしさにストレスを感じる方もいれば、外科ならではの毎日の変化や刺激にやりがいを感じる方も多くいます。

まとめ

忙しい状況に順応できる方、判断力のある方が外科に向いている


外科での看護師の仕事は変化が多く、毎日が充実していてやりがいを見いだせることでしょう。
外科は内科と比べると現場が慌ただしいので、テキパキと働くことが求められます。 忙しい状況に順応できる方、判断力のある方が外科に向いていると言えますね。 手術のサポートでも、医師や他の看護師と連携して働くことが求められます。 必要な情報を的確に伝えることは特に外科ではとても大切です。 また短期でしか接しない患者さんの希望を聞いたり必要事項を伝えるためには、高いコミュニケーション能力が求められます。
外科への転職を考えている看護師さんは、外科で求められる特質や能力を前もって知り、適性を考えてみることができるでしょう。

科目別のお仕事探し 一覧

ページトップへ