転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

診療科別の仕事内容

精神科への看護転職

be904ec830ac42cebad56a247f648e0a_s

精神科の特徴

精神科で求められる看護師のスキルや能力にはどのような内容や項目があるのでしょうか? やりがいも多く感じる職場なので、やりがいや生きがいを願う看護師さんは精神科への転職を考えるのも良いでしょう。 具体的な看護師の仕事内容や、そこで働くメリットとデメリットについて調べてみましょう。 転職を考えている方はこの科での仕事内容ややりがいについて知っておくと良いでしょう。

精神病院で働く看護師さんのクチコミ・評判

  • 最初は、急性期病院のオペ室に配属されましたが、人の悪口を言いあう人間関係に嫌気がさして2年ほどで退職をしました。先輩に相談したところ、精神病院は男性も多く働きやすいと聞き、いまの病院に入職しました。 当初、それほど精神病院に興味を持っていたわけではなかったのですが、働く中で自分なりに面白みを見つけてきたような気がします。看護学校の同期に、精神病院で働いていると言うと、不思議な目で見られることもありますが、自分としては非常にやりがいを感じています。特に、先輩の看護師の誰にも心を開かなった患者さんが、少しずつ信頼をしてくれた時は、とても嬉しかったです。(20代男性、准看、東京都町田市在住)
  • 兄が精神病院のお世話になっていたこともあり、いつかは精神病院にチャレンジしたいと考えていました。いざ、精神病院に入職すると、戸惑うことも多くあり、正直に言えば退職を考えたこともありました。 特に患者さんから、きつい言葉をかけられると、それが病気のせいだと頭では理解していても、心が折れそうになりました。 ただ、先輩からの「精神病院の看護は、一番患者に寄り添うことができる仕事だよ!」という言葉に励まされて10年近く働いています。少しずつではあるけれど、いつかその言葉を自分のものにできるように頑張りたいと思います。(30代女性、正看、愛知県名古屋市在住)

精神科で働く看護師の仕事内容

精神科ならではの必要とされるスキルは、コミュニケーション能力と観察力です。

心の病気を治療する精神科は、体の病気を扱う他の科と異なる点が多くあります。
そこで求められるスキルも異なるので、精神科へ転職すると新たに学ぶことがたくさんあります。
まず精神科ならではの必要とされるスキルは、コミュニケーション能力と観察力です。
精神科では病気の症状や回復が目に見えにくいので、患者さんの気持ちを読み取る観察力が必要です。
コミュニケーションを取ることが難しい患者さんも多くいますから、どんなことを必要としているのか敏感に察知しなければなりません。

精神科では長期入院する患者さんが多いので、一人一人とコミュニケーションを取って向き合い、信頼関係を築くことが必要です。
点滴や採血などの医療処置をすることは少なく、食事介助や清潔ケアなどが仕事内容に含まれます。
精神科で扱う症例、疾患としては、うつ病や適応障害、総合失調症や認知症などがあります。
近年では児童でも精神的な疾患を抱えることがあります。
また高齢者の認知症の方もいますから、精神科では幅広い年齢層の患者さんに接することになります。
患者さんの中には、感情をコントロールすることができなくなり、妄想や幻聴で急に泣き出したり怒りだすという症状が現れる患者さんもいます。


また自傷行為や暴力行為など自分や他の人を傷つける行為におよぶこともあるため、自身の安全に気を配る必要もあります。
それぞれの患者さんの症状を理解し、上手に接する方法を学んでいくことが必要になります。
入院する患者さんは、自宅での日常生活を送るのが難しい方がほとんどです。
そのため、精神科へ転職すると仕事内容は主に日常生活の援助になるでしょう。
排泄介助や入浴介助、整髪やひげ剃りなど生活全般の支援が看護師の業務に含まれます。
配薬やバイタルチェックなども看護師が行う業務です。

看護師が精神科へ転職して感じるやりがい

精神科では患者さんの生活援助・コミュニケーションが主な仕事になるので、大変な仕事と思われがちです。
また中には、突然大きな声を出したり暴れたりする方もいるので対応に困ることがあるかもしれません。
そうした方でも、病気を抱える一人の人として尊重して接することが大切です。
一人一人とじっくり向き合って信頼関係をきずけたときに、看護師としてやりがいを感じるでしょう。
自分の思っていることを話さなかったり、コミュニケーションが取れない患者さんもいます。
そうした方と信頼関係を構築するために一生懸命に努力し、患者さんが少しずつ心を開いてくれたときには大きな喜びを感じるという看護師さんは多いようですよ。
また患者さんのその時の感情や病状に合わせて対応を変えるなど、看護師には臨機応変に患者さんと接することが求められます。


コニュニケーション能力が鍛えられるのもやりがいの一つですね。
患者さんに寄り添い上手にコミュニケーションを取るのは、どの診療科目でも求められるスキルです。
精神科でそうした能力が訓練されれば、看護師としてスキルアップをすることができますね。
たしかに精神科で働くのは大変なこともあります。


精神疾患のある方は体の病気とは違い長期の治療が必要ですし、完治しない方もいます。
回復が目に見えにくいという点では、他の診療科目のようなやりがいは感じないかもしれません。
医療処置が少ないため物足りなく思う看護師さんもいるようですね。


それでも患者さんがうれしい表情を見せたり、少しずつでも回復していくときには喜びもひとしおです。
大変な仕事であるからこそ、たくさんのやりがいがあるのですね。
体力だけでなく精神的にも鍛えられる仕事ですが、患者さん本人や家族から感謝されるときには、この仕事について良かったと感じることでしょう。

採用側の視点 一覧

ページトップへ