転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

病院施設タイプ別の採用ターゲット

リハビリ病院

asia-1822460_640

リハビリテーション病院の採用担当者から、良く言われること

リハビリテーション病院の人事担当者や看護部長がイチバン口にする言葉は「なんでリハビリ病院に興味を持ったの?」これに尽きます。リハビリ病院自体がまだ新しい存在なので、周りを見渡しても、おそらく新卒で入職された看護師の方は、ほとんどいないはずです。看護学校時代にリハビリ病院に実習で行かなかった方も多いはず。 なので、「リハビリに興味を持ったきっかけは?」「リハビリ病院での仕事はイメージがついている?」という質問が多くなるようです。

 

急性期病院で在院日数の縛りが厳しくなっている中、リハビリ病院に転院してくる方の中には、まだまだ急性期的な処置が必要な方も多くいらっしゃいます。なので、「リハビリ=ゆっくり患者さんと触れ合える」とだけ思われることを嫌がる看護部長さんが多いようです。きっと、このあたりのズレで早期に退職する方がいらっしゃるのでしょうね。

リハビリテーション病院で働く看護師さんのクチコミ・評判

  • 大手グループの急性期総合病院で4年ほど勤務した後に、転職をしました。近くにリハビリ病院ができたので気になっていたら、想像よりも給与が高かったこともあり、すぐに決めました。ただ、リハビリ=楽と考えていましたが、実際は重症度の高い患者さんも多く、すぐにリハビリに取り掛かれない患者さんもいます。そうは言っても、急性期と比べれば患者さんとゆっくり関われるし、回復して御礼を言われたりするのは素直に嬉しいです。(20代女性、正看、埼玉県川口市在住)
  • 育児によるブランクから、療養病院に復帰しました。2年ほど勤めましたが、物足りなく思い、急性期に戻ろうとしましたが、准看護師は採用していないと断られることが続きました。そんな時、昔の先輩に誘われて今の病院に移りました。リハビリ病院の仕事内容を、しっかり理解していたわけではないですが、患者さんの意識もクリアな方が多く、しっかりコミュニケーションを取りながら看護できるのは、非常に楽しくやりがいもあります。 思うように回復しない患者さんから、感情的な言葉を投げられることもありますが、そこはぐっと我慢ですね。笑(40代女性、准看、三重県四日市市在住)

リハビリテーション病院で看護師さんが働くことのメリット

1.患者さんが回復する様子を見てとれる

もちろん全員の患者さんが回復するわけではありません。ただ、回復したかどうかも分からないうちに退院していく急性期病院や、悪化を遅らせることが仕事の療養病院と比較すれば、前向きな仕事であることは間違いありません。 患者さんに寄り添い、回復をともに喜ぶことができる。看護師の方にとって、一番うれしい仕事かもしれませんね。

 

2.残業時間が少ないことが多い

この点は、療養病院・精神病院と共通です。救急搬送がない分、突発的な仕事がなく、時間通りに帰宅できる病院がほとんどです。リハビリ病院を選択する理由として、残業が少ない点を理由に挙げる看護師の方も多くいらっしゃいます。 ただ、未経験の方は、リハビリについて学ぶことが必要になるので、その知識を習得するまでの間、数か月間は帰宅後の自主学習が必要になるかもしれません。

 

リハビリテーション病院で看護師さんが働くことのデメリット

1.新しい病院が多く、仕組みが整っていないケースも。。

リハビリ病院のHPを見つけたら、「沿革」「概要」といったページをチェックしてみてください。ここ10年以内にできた病院が、ほとんどです。それもそのはず、日本において「回復期リハビリテーション病棟」という入院基本料が新設されたのは、2000年のことになります。

当時は、療養病院や一般急性期の病院の一部として扱われることが多かったようです。その後、リハビリ専門の病院が急拡大し、現在に至ります。 急拡大するグループの中には、毎年のように新病院を建設している病院もあります。

 

新病院というのは、これまでのバックグラウンドが異なる医師・看護師・事務方・コメディカルが大勢集まるので、そのやり方が確定し、運営が安定するまでに1~2年くらい時間がかかるようです。その間は、必然的に残業時間が多くなりがちで、かつ精神的なストレスも大きなものとなります。 なので、あまりに新しい病院の場合は、その点も踏まえ、転職を検討する必要があると思います。

 

こんな看護師さんがリハビリテーション病院で働くのにはピッタリ!

リハビリ病院は、患者さんの意識がクリアであるケースが多いので、コミュニケーションが重要になります。順調に回復する患者さんであれば良いのでしょうが、当然思い通りに回復しないこともあります。 そうなると患者さん本人は非常にもどかしく、イライラした気持ちになり、それを医療従事者にぶつけがちになります。

 

中には、リハビリに積極的でなくなるケースもあるそうです。 そういった患者さんを元気づけ、励まし、「もう一度、リハビリを頑張ろう」と思ってもらえるようなコミュニケーションを取れるかどうか。これができる方は、リハビリ病院向けの看護師さんと言えます。

採用側の視点 一覧

ページトップへ