転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

病院施設タイプ別の採用ターゲット

大学病院

病院の採用担当者から、良く言われること

大学病院の採用担当者から良くリクエストを受けるのは、「資格」「年齢」の二つに関してです。 現在 は正看護師のみしか採用をしていない大学病院がほとんどなので、准看護師の方は、基本的にはムリだとお考えいただいたほうが良いと思います。

 

年齢に関しては、病院にもよりますが30才くらいまでとするケースが多いようです。大学病院は給与が高いケースが多く、30才を超えるとかなり高い年収になってしまうため、外部から年齢の高い=高給与の看護師を採用したくないのかもしれません。また、付属の看護学校から毎年大量の新卒を採用することができ、看護師が充足しやすい環境にあります。そのため、年齢層を絞り込んでも看護師を確保できることも一因と言えます。

大学病院で働く看護師さんのクチコミ・評判

  • いまの病院に入ったのは、単純にその大学病院の看護学部だったからです。特に他の病院と比べて評判が良かったから選んだわけではありません。ただ、とにかく忙しく、勉強会や委員会も多いので疲れます。三年目なので少しは慣れてきましたが、それでも大変です。同期の中には、過労で体調不良になった人も何人かいて、私もこのまま30才とかまで働くのはムリかな、と思っています。師長や主任は「私たちだってそうだったんだから!」と言いますが、ああいう風にプライベートを犠牲にしてまで働きたいとは思えません。。(20代女性、正看、埼玉県上尾市在住)

  • 新卒の時は民間病院に入職しましたが、もっと高度な急性期の知識を得たいと思い、いまの大学病院に転職しました。入職して3年たち、知識面では満足しています。一方で、手技は衰えているのかもしれないと、不安を感じています。以前の病院では看護師が点滴や送管もしていましたが、今の病院では医師(主に研修医)がやることになっているからです。その点に関しては、もう少し大学病院で働いている人のクチコミや評判を聞いておけば良かったと思っています。(20代女性、正看、東京都葛飾区在住)

大学病院で看護師さんが働くことのメリット

 

1.教育システムがしっかりしており、高い専門性が身に着く

大学病院、とくにその本院は規模も大きく、専門性・個別性の高い医療を提供しています。当然、そこに携わる看護師も高い専門知識が必要になるため、教育・研修に力を入れている病院がほとんどです。 なので、勉強が好きな方、特定の領域を極めたい方、先進医療に関心がある方にとっては、非常に良い環境だと言えます。

 

2.給与が高い

すべての大学病院に当てはまるとは言えませんが、傾向としては給与が高いと言えます。特に賞与については、民間病院が4ヶ月前後であるのに対して、6ヶ月を超える大学病院もあるので、この点は大きな差と言えます。 ただ、サービス残業や勉強会・委員会等の忙しさを考えれば、当然かもしれませんね。

 

大学病院で看護師さんが働くことのデメリット

1.手技を身に着けることが難しい

病院にもよりますが、大学病院の看護師は点滴確保の業務はほぼやりません。場合によっては、採血ですら数年たたないと経験をさせてもらえない病院もあります。大学病院には研修医が多く、研修医の業務とされているからです。 そのため、転職を考えた際に、クリニックのように教育体制が整っていない職場では、「大学病院出身だけど、点滴とかできるの?」と避けられてしまうことがあるのも、事実です。

 

2.とにかく忙しい

教育体制が整っているというのは、裏を返せば、たくさん勉強しなければならないということです。ただでさえ忙しい上に、勉強会や委員会が業務時間外に行われることが多く、休日もその準備や調べものに追われるのが、典型的なパターンです。 その分、専門的な知識を身に着けることができますが、「忙しいのは嫌だ。。」という看護師の方は、避けた方が良い職場と言えるでしょう。

 

こんな看護師さんが大学病院で働くのにはピッタリ!

 

「看護師として高い専門性を身に着けたい!そのためには、ある程度の時間投資も惜しまない。」という方にはオススメです。大学病院でしか学べないような先進的な症例もあるでしょうし、スキルの高い先輩看護師も揃っています。毎年、新卒を大量に採用しているので、教育システムも整っています。

 

一方で、ゼネラリストを目指す看護師の方にはオススメしません。手技を身に着けることが難しいのはもちろんのこと、病床数が多く専門分化しているため、幅広い症例を見るには不向きだからです。

採用側の視点 一覧

ページトップへ