転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

病院求人情報

地域別の看護師転職

一口に「看護師さんの転職」といっても・・・状況は都道府県・市区町村でぜんぜん違います。

たとえば、人口10万人あたりの看護師さんの数は多い県と少ない県でどれくらい違うかご存知ですか? 都道府県別に平均年収がどれくらい違うかご存知ですか? はたまた、残業時間がどれくらい違うかってご存知ですか?

こういったデータは厚生労働省や看護協会のデータで見ることが出来ちゃいます。 もちろん、平均年収や残業時間は「数字の取り方」の問題があるので、一律に比べて意味がどれくらいあるかは難しいところです。 ただ、「参考」になることは間違いありません。

そして、こういった「データ」が違う、というのには、「理由」が必ずあります。 つまり、就職する場所によって、状況が違う、ということです。

人口10万人あたりの看護師さんが一番多いのは、高知県!一方、少ないのは、埼玉県!

高知県は、10万人当たり1000人以上の看護師さんがいます。 同じくらいいる都道府県は、長崎県、鹿児島県、熊本県、宮崎県、佐賀県・・・ おっと、九州の県が続きます。これは、なぜでしょうか?

ちなみに、少ないのは、埼玉県で10万人あたり400人強の看護師さんしかいません。 同じくらいの都道府県は、千葉県、神奈川県あたりです。

1000人と400人。 この差はだいぶありますよね。 もちろん、高齢化率などの違いもあるので、一概に比べることは出来ませんが・・・

 

 

平均年収が一番高いのは、奈良県!低いのは、佐賀県。

奈良県と同様に、平均年収が500万円以上の都道府県は、千葉県、東京都です。 大阪府や愛知県、神奈川県なども、400万円台後半です。

佐賀県と同様に400万円以下の都道府県は、鹿児島県、熊本県です。

同じ看護師の仕事をして100万円も違うのはちょっとビックリですね。 もちろん、物価の違いもありますが、、、

というわけで、都道府県別にいろいろな特長があるのが、看護師さんの転職事情です。

もちろん、都道府県の中でも、県庁所在地とそうじゃないところでは、大きな差はありますし、 そもそも、どこで働くか?は既に決まっているよ!という場合がほとんどかもしれません。

でも、自分がどういうところで働こうとしているのか?は知っておいても損は無いはずですよね。 ぜひ、都道府県別の看護師転職データ・状況をお役立てくださいね!!

地域別の看護師転職 一覧

ページトップへ