転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

転職する理由

転職スタート

clover

1.退職する「原因」を明確にする

 転職をお考えの看護師さんとお話していると、90%の確率で「いまの病院の○○が嫌だ!」という話になります。前向きな転職として考えられるものは、「結婚で転居をする」「子供が大きくなったので、復職したい」といったライフステージの変化によるものくらいです。

 まず、「自分はなにが嫌なのか?」をじっくり考えてみましょう。退職を考える段階までいくと、いまの病院のなにもかもが嫌になっているケースが多いものです。「残業」「人間関係」「安全管理」「給与」・・・、ありとあらゆる嫌な点をあげる看護師さんもいらっしゃいます。

 大切なのは、「嫌なこと」と「退職したいほど、嫌なこと」を分けて考えることです。ガマン強い看護師さんほど、長い間のうっぷんがたまっていて、どれが本当の原因かご自身でも分からないようです。

 例えば、現職の病院のありとあらゆる嫌な点をぶちまける看護師さんにお会いしたことがあります。しかし、よくよくお話を聞くと、本当の原因は「残業時間」が多いことでした。それが原因で職員に余裕がなくなり、昔仲良かった人間関係がギスギスするようになったそうです。そうすると、もともと高くなかった給与にも不満が表面化。さらには、委員会の体制や出勤時間、シフトの組み方とあらゆるものに不満が向くようになったそうです。ただ、後者の不満は、実は以前と状況は変わっていません。つまり、残業時間が少なければ、「許容できる程度の嫌なこと」だったわけです。最終的に、この方は少し給与が下がるものの、定時で帰れる余裕のある職場にご転職され、ゆったりと働いていらっしゃいます。

★ポイント
転職を考えるタイミングでは、いまの職場に嫌なことはたくさんある。
その中でなにが「許容できない」のか明確にすることが大切!

2.次の転職先に「求めるもの」を明確にする

 「次の職場は、どのようなところが良いですか?」、この質問は転職コンサルタントをしていた時には、少し怖い質問でした。

 というのも、次のように答える看護師さんが非常に多いからです。

 「残業が無くて、人間関係が良くて、年収の高い職場がいいです!」。

 「まぁ、そうですよね・・・」
 としか答えようがありません。笑

 これって、「結婚するなら、どんなが男性が良いですか」と聞かれて

 「優しくて、家事にも協力してくれる、年収の高いイケメンがいいです!」と答えているようなものです。みんなの理想だけど、そんな人気物件はすでに売り切れ、もしくは私には高嶺の花。。

 では、どう考えるのか?
これは、退職する「原因」を裏返してみるのが、分かりやすいと思います。

・忙しいのが嫌だ → 残業がすくない職場を探そう!
・いまの職場ではスキルが身につかない → 教育体制がしっかりした病院を探そう!
・職場で子育てしている看護師がいない → ママさんナースのサポート体制が整っている職場を探そう!

 いかがですか?
 嫌なことがあって退職するのだから、それが解消される転職先を探す。
 こう書くと、ごく当たり前のように感じますよね?

 ところが驚くことに、「原因」「求めるもの」がズレる看護師さんが圧倒的に多いのです。

・いまの病院は忙しいので、次の病院は年収が高いところが良いです!
・いまの職場は給与が安いので、次の職場は寮がキレイなところで!
みたいに、文章にすると意味不明なことになりがちです。

 こうなる理由は、シンプル。

 辞めたいと思う「原因」をイマイチ明確にしないまま、転職活動をスタートしたからです。すると、バラ色の未来を思い描いて「年収高いのがいいな♪」「やっぱりキレイな寮がいいよね♪」となってしまうのです。

 たしかに、前向きなスタンスも転職にあたっては重要なことに間違いはありません。ただ、一番重要な判断軸は、「つぎの職場で、気持ちよく長く働けるか?」です。言い換えれば、「いま退職を決意したほど嫌なことは、つぎの職場では解決できるのか?」ということですね。

 ご自身が退職したいと思うほど嫌なこと、つまり退職の「原因」と、次の職場に「求めるもの(希望条件)」の整合性が取れているかどうか、具体的な転職先を探す前に、まずはじっくりと考えることをオススメします。

★ポイント
退職の「原因」と、次の職場に「求めるもの」は、同じ。
これがズレると、次の職場で長続きしない可能性が高い!

ページトップへ