転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

いろいろな看護師の転職方法

看護師の転職方法のいろいろ

看護師不足が叫ばれる現在、あらゆる医療機関・介護施設が看護師を採用しています。
インターネットや携帯を開けば、広告が溢れるように出ています。
看護師の仲間の中で、近くの病院・施設の内部情報や評判が噂に上がることもあるでしょう。
興味ある病院について、どこからともなくクチコミを聞くこともあるはずです。
ただ、人生の大きな決断の一つである転職にあたって、あまりにも偏った情報を元に転職先を決断するのは、賢明な方法ではありません。

ここでは、転職にあたってどんな方法があるかをリストアップし、そのメリット・デメリットを整理してみました。
「誰にとっても良い」転職方法はありません。
ご自身の転職の「目的」を満たすことができる転職方法を選ぶことをオススメします。
まずは、様々な転職方法を比較するにあたって、重要なポイントを整理しました。

転職方法をするために重要なポイント

1. 情報やクチコミを集めることが可能か?

数多くある病院・施設をすべて面談に行くことは不可能です。
仮に行ったとしても、のどから手が出るほど看護師を採用したい病院・施設が、都合の悪い情報を教えてくれるはずがありません。
以前勤めていた人から得た情報、つまり「内部情報」「評判」を事前に取得できるか否かは極めて重要です。
「入職してみて合わないから、すぐ辞める」といったことにならないように、内部情報を得ることができる転職方法を選ぶことが大切です。

2. 採用のハードルが上がることはないか?

ける病院・施設が決まったのは良いが、面談であっさり落とされる。。これではいくら良い情報を得ても意味がありませんね。
病院・施設側から見れば、採用するにあたってコストがかからなければ、少し採用のハードルを下げても良いと思うのが人情。
採用数の少ない病院を希望される方、転職回数が多い方、条件の多い方は、この部分を重視する必要があるかもしれません。

3. 入職時の条件確認・交渉ができるか?

意外に重要なのがこの部分。中堅の病院・施設の場合、雇用時に書面で条件を交わす習慣のないケースも多いようです。
「入職してみたら給与が話と違う。。でも、書面がないので、問い合わせられない」という最悪のトラブルの原因となります。
転職に関する知識の少ない方は、プロのサポートを受けたほうが良いと言えます。

ナース転職方法いろいろ 一覧

ページトップへ