転職する!と思いたったら 看護師転職マニュアル

ベテラン求人アドバイザーが大公開

看護師人材紹介会社の使い方

人材紹介会社ランキング

うまく使おう人材紹介会社

ナースの転職方法いろいろを読んでいただいてお分かりのように、「人材紹介会社」は使いようによっては、誰もが便利になります。
だからといって、どこでもいいので紹介会社を使おう!とか、いくつでも併用したほうがいい!わけではありません。
「紹介会社の使い方」と「どの紹介会社か?」が重要なことは言うまでもありません。

紹介会社はどう使えばいいか?

一般的に、2つか3つを併用することが多いようです。これは自分にあった求人を探すために、そうしている方が多いように思います。
でも、よく考えてみてください。

1つ目は、どこの紹介会社も持っている求人は似たり寄ったりであること。

これは、病院の多くが採用に困っている、という状況がまだまだ続いているためです。

2つ目は、紹介会社のコンサルタントも人間である、ということ。

彼ら、彼女たちも、コンサルタントとはいえ、稼がないと駄目です(笑)
2つ、3つ併用するよりも、一緒にがんばりたいので、○○さんにお願いしたい!と言ったほうが頑張ってくれます。

そして、3つ目は、紹介会社のスタンスが重要である、ということ。

つまり、その紹介会社は、自社の売上が大切なのか、お客さんである看護師さんのことが重要なのか?ということです。
これは、看護師さん目線になっているかどうかで判断することが出来ます。たとえば、「電話やメールの量」や
「紹介してくれる求人の数」「内定後のコンサルタントのスタンス」「入職後のコンサルタントのスタンス」などに出てくることが多いです。

その当たりのことも、出来る限り調べてみて、私なりのランキングを作ってみたのがこちらです。
もちろん、私の主観なので、参考までに・・・というところですが、結構、自信あります(笑)

ぜひ、こちらを参考に、いい人材紹介会社、いい転職のパートナーを探してみてくださいね。

 

おススメの紹介会社はどこ?

rank1  rank1

知らない方も多いかもしれません(笑)
最近、めっきり評判が上がってきている「看護プロ 」さん。
案件網羅率100%とか、入社後のサポートとか、いろいろとおっしゃっていますが、なによりいいのは「看護師目線」のサービスです。
なんと、彼らは営業の売上よりも、看護師の満足度が重要だそうです。これ、看護プロ のコンサルタントと話をしてみるとわかります。
ぜひ、使ってみてください。おススメです。

rank1  rank1

知っている方が多いと思いますが、なんといっても、カンゴルーさんのサイトは見やすい!情報がしっかり!ですね。
やっぱり、転職するからには、「求人の量」と「求人の質」は何と言っても重要。
「求人の量」はどこの紹介会社もそこまで変わらないとしても、「求人の質」は紹介会社によってぜんぜん違います。
その点、カンゴルーさんは、安心!登録してみたい紹介会社さんの1つです!

rank1  rank1

こちらも、知っている方が多いであろうナース人材バンクさん。こちらは、何と言っても歴史が古いんです。老舗です。
老舗だからこそ、病院や施設とのコネクションは超強力。ちょっとした交渉であれば、一日の長がありそうです。
登録してみてもいい紹介会社さんの1つですね!

まずは、看護プロ さんに登録してみるべし?!

看護プロ

とはいっても、よく知らない「看護プロ 」さん。
ちょっと見てみましょう。

面白いのは、この3つの取り組みでしょうか?

1.ときには、自己応募を勧める!?

看護師さんが強く希望しているにも関わらず、今は、紹介会社経由では、採用しない、というような病院さんはありますね。
そんなとき、看護プロ は、正直に、「自己応募」を勧めてくれます。すごいですね。普通、考えられないと思います(笑)

2.クチコミを一生懸命集めている!

看護師さんの転職で、やっぱり重要なのが、クチコミ情報。こればっかりは集めないことにはしょうがないですね。
ただ、それをしっかり認識して、それを集めている、という看護プロ 。普通といえば、普通ですが、大切ですね。

3.おまけに、お祝い金Max12万円!

いいサービスを提供しているだけではなく、お祝い金が存在しているんですね。
夜勤やる常勤だと12万円、日勤常勤だと5万円など、ルールはあるようですが、そういっても、嬉しいボーナスです。看護プロ が、なぜ、他の紹介会社さんと違って、こういったサービスが出来るか?ということが一番重要ですね。
「看護師目線」でサービスをする!という強い思いを感じることが出来ます。

相談だけでも、1年後の転職検討でも、ぜんぜんかまいません!ということみたいなので、ぜひ、体験してみてください!

ページトップへ