転職マニュアル > 職務経歴書を書く > 履歴書・職務経歴書の書き方 > サンプルのダウンロード > IT・通信関連職種の職務経歴書作成ポイント

IT・通信関連職種の職務経歴書作成ポイント

  • 簡単な職務経歴(入退社や部署異動)と得意分野を冒頭に書き、その後、開発経歴をプロジェクト単位に記載してください。開発経歴は、期間/業務内容/開発環境/役割などを項目にし、表形式にまとめます。
  • マネジメントに関する経験については、業績管理の手法や担当した企画の内容のほか、マネジメントされていた人数(社員、協力会社含む)やその業務内容、部署やチームの実績なども具体的に記載しましょう。
  • 未経験職種に応募する際には、自己PRの項目を設け、応募理由、意欲を伝えましょう。
 

システムエンジニア

  • これまでの経験を振り返り、得意なこと、今後活かしたいスキルを記載してください。その際、それらが開発経歴の概要となっていることが望ましいです。
  • 業務内容/開発環境は、プロジェクト名/概要/役割分野/担当フェーズなどに留意して記載してください。その他開発上での特記事項(DBのチューニング、UMLでの設計など)もあれば併記しましょう。
  • 開発環境については、OS/開発言語/データベース/ミドルウエアなど可能な限り具体的な名称を用いて記載してください。

ネットワークエンジニア

  • ネットワーク/サーバー/OS/データベース/ストレージなど、インフラ全般で捉えた時にどこまで携わった経験があるかを記載してください。
  • ネットワーク機器(ルーター/HUB/製品番号)や、サーバー/クライアントの種類と台数などを名称や数値を用いて具体的に記載しましょう。
  • 顧客や代理店、外注(協力会社)、部門などとの折衝、調整業務(受発注/貿易実務/生産管理/納期調整等)の経験は重要視される傾向にあります。担当した拠点数や規模についても記載してください。

IT営業

  • 対象顧客が法人なら、業界/業態/部署/職位(役割)を、個人なら性別/年齢層/職業などを記載しましょう。担当件数や担当エリアなどについても併記してください。
  • 直販/ルート営業/新規開拓/代理店営業といった営業スタイルも記載してください。その際、取引先企業に対する提案内容や成果の説明にも具体的にどのような手法(飛び込み/テレアポ/紹介など)や工夫をしてきたのかについても併記するとよいでしょう。
  • 担当するプロダクト(システム、サービス等)、関連するOSやDB、担当領域(金融、製造など)は名称などを具体的に記載してください。
    実績などの記入方法の詳細については、営業/流通関連職種のポイントを参照。

プロジェクトマネージャー

  • プロジェクトマネージャーに求められている能力は、「管理」「業務推進」「顧客折衝」の能力。実際の開発は外注になることも多く、仕様設計/ベンダーコントロールまでの上流工程から、開発/運用に至るマネージメントの経験または素養が重視されます。それらの経験がある場合は記載しましょう。
  • プロジェクト管理能力をアピールできるような経験についてはPMBOK(※)に準拠し、その中から必要と思われる事項に関して明記することが望ましいといえます。
    (※スコープ:開発目的とその範囲/タイムスケジュール/コスト管理/品質管理/人員管理/コミュニケーション:顧客折衝含む/リスク整理/調達管理)
  • システム提案、要件定義、開発プロジェクトのフォローまで一貫して担当することになるため、携わったフェーズについては可能な限り具体的に記載しましょう。また、どの業界に強みを持っているか(業務知識)、どの開発環境が得意かなどについても併記してください。

コンサルタント

  • 得意としている業界や業務知識、経験に加え、貢献度(実績)がアピールできるよう、所属部署や役割(ポジション)、具体的名称を用いましょう。
  • 顧客(法人または個人)、部門などとの折衝/調整業務の経験は非常に重要視される傾向にあります。担当している業界/企業規模/社数などを具体的に記載してください。
  • 業務を通じての成果に関しては、具体的に数値を用いて明記することが重要です。成果については、年次ごと、月次ごと、担当した期間の平均実績値、増加率(前年比○%増)などで示します。チームで動くなど、個人の成果を示すことが難しい場合は、所属グループでの実績値を記載してください。

Webプロデューサー

  • Webサイトを制作する上で発生する全ての業務、「企画/提案/プレゼンテーション/コンセプトメイク/制作進行/プロジェクトの体制づくり/進行管理/業務把握およびコントロール/運用体制の確立」など、それぞれの工程において、携わったことのある業務経験を可能な限り具体的に記載しましょう。
  • Web制作経験は無くとも、雑誌など紙媒体における企画/編集業務などマルチタスクな状況下で、豊富な企画力と確実に形に落とし込んでいく業務の経験があれば併記しましょう。
  • 「Adobe Photoshop」「Macromedia Dreamweaver」「Flash」「Director」など、使用可能なアプリケーションおよび言語などは、OS/言語/データベース/ミドルウエアなど可能な限り具体的な名称を用いて記載してください。

IT・通信関連職種の職務経歴書作成ポイント

    
 
最新ニュース
転職マニュアルモバイルサイト 転職マニュアル【完全版】
モバイルサイトがついにAU公式コンテンツに登録されました!
 
 

転職活動が有利に?

職務経歴書の書き方や面接対策など、転職の相談にのってくれる

転職面接対策ポイント

心構えや聞かれる質問、流れも把握して準備は万端!

自己PRの書き方

自分のウリを客観的に伝える自己PRとは!?

退職願いの意思表示

いつどうする?退職願の切り出し方の注意すべきポイント

年収アップ転職情報

年収アップの可能性が高い職種をランキングでご紹介