転職マニュアル > 職務経歴書を書く > Web履歴書のサンプル

Web履歴書のサンプル

求人広告からは読み方次第で、その会社のビジョンや実力など、さまざまな情報を得ることができます。会社のホンネがまるわかりなので、もらさず情報を手に入れてください。求人広告に書かれている一般的な項目を、ここでは「転職サイトDODA」を例に挙げて紹介していきましょう。

記入漏れ・脱字誤字は厳禁

応募の際にまず気をつけたいのは、ケアレスミスはしないということ。記入漏れや誤字脱字は論外です。

会社のメアド(メールアドレス)は使用しない

社員のメールを管理している会社もあるので、転職活動はプライベートなアドレスを使用すること。

仕事に関連した資格を優先的に選択

さまざまな資格を持っている場合は、志望企業や志望職種に関係のあるものを優先的選択し記入しましょう。

転職理由はポジティブな内容にまとめる

採用担当者が職歴と同じくらい注目するのが転職理由。こんなことをしたい、など、志望動機とともに記入しましょう。
転職のプロだけが知っている!

職務経歴は新しいものから順番に記入する

履歴書では時系列の古いもの順にまとめるのが一般的ですが、Web履歴書では、新しい経歴から記入していきます。

職務内容は誰が読んでもわかりやすく書く

専門用語の羅列は避け、なるべく一般的な用語で説明してください。改行を入れて、読みやすさにも注意しましょう。
転職のプロだけが知っている!

年収は賞与や手当も含めた金額を記入

現在の年収を記入する欄は、基本給だけでなく、ボーナスや各種手当も含めた金額を書くのが基本です。

希望条件欄でも自己PR

希望条件を並べるだけでなく、「前職の経験を活かしてこの仕事を担当したい」などの希望を伝えつつ自己PRをしましょう。

自己PRは使い回しをせず、会社ごとに作成する

自分の強みを整理して記入する部分。採用担当者には、自己PRの文章が使い回しかオリジナルかはすぐわかるので注意が必要です。
転職のプロだけが知っている!

    
 
最新ニュース
転職マニュアルモバイルサイト 転職マニュアル【完全版】
モバイルサイトがついにAU公式コンテンツに登録されました!
 
 

転職活動が有利に?

職務経歴書の書き方や面接対策など、転職の相談にのってくれる

転職面接対策ポイント

心構えや聞かれる質問、流れも把握して準備は万端!

自己PRの書き方

自分のウリを客観的に伝える自己PRとは!?

退職願いの意思表示

いつどうする?退職願の切り出し方の注意すべきポイント

年収アップ転職情報

年収アップの可能性が高い職種をランキングでご紹介